2005年07月24日

オーストラリア人から見た日本

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙に、オーストラリア人から見た日本について記事が載ってます。

 Lost in transition
    For decades the Japanese personified the future. But now their country has lost its momentum - the society is fractured, the economy shaky and the politics stuck in the past. Deborah Cameron reports.

    WHEN a 27-year-old woman and her three-year-old son died of starvation in their Tokyo home at the end of winter, it was a sign that something was going wrong in the second-richest society in the world.

    Police who investigated said the mother and son had been dead for about a month, there was no food in the house and only eight yen (about 10 cents) in her purse. It was February, still cold, when a rent collector saw the bodies through a window. A neighbour said the pair had not been outside for three months.

    At the same time, at the other end of town, on waterfront land an hour from Tokyo, a resort was about to start marketing itself as "an oasis of repose and elegance far removed from the clamour of the big city".・・・


 記者がこの記事を書く、直接のきっかけとなった部分を引用しました。乱暴に訳します。


過去何十年もの間、日本は将来あるべき国家の姿を具体化していました。でも、その栄光はすでに去っています。社会(世間)は崩壊し、経済は不安定、政治は過去の問題に出口を見出せずに閉塞しています。

27歳の母親を3歳の子供が、冬がもう少しで終わるころの東京の一角で飢え死にしたという事件がありました。これは、世界で2番目に富む国、日本で何か悪いことが起きているサインです。

警察の調べによると、親子は死んで一ヶ月が経過しており、財布のなかには8円だけあったそうです。家賃を催促にきた大家が窓ごしに二人の遺体を発見したのは、まだ寒さが残る2月のことでした。近隣の住人によると親子の姿は3ヶ月は見かけなかったということです。

同じ時期、都心から一時間のウォーターフロントでは億ションの販売が始まっていました・・・・


 これだけでは、この記事の洞察力は伝わらないでしょうが、非常に公平な視線で日本を分析し報道しているようにおもいました。たいしたもんです。

 そして、けっきょく、やっぱり、日本全体としては平等より自由を選択したのかなぁと痛感。

 簡単なところでは、貧富の差は急速に広まり、教育レベルの差も広まるのでしょう。結果として労働者の質が極端に落ちます。モラルも落ちます。民間ではその対策が紆余曲折しながら進むでしょうが、官の世界でも民間と同じスピードで進むとは思えません。
 結果として、政治不信が極度に広がるでしょうから、小さい政府への転換へのプレッシャーも高まるはずです。
 そのときに良くも悪くも力を持つのは、マスコミなのでしょうが競争のない業界ですのでペンに力が、そんなにありません。どう作用するのか分かりません。
 
 そう考えると、株が安いぞ!とばかりに日本の会社を買ってる資金も、数年先には酷く後悔するのだろうなと思う次第。今でも経済は、人、モノ、金です。人の質を上げるのは、数年単位の話じゃすまない。質を下げるのは、数年で十分。

 それから、警察の人員は、なにがどう転ぼうとも沢山増やして欲しいもんです。

 うーんん、なんだかネガティブ。


IMGP5339 (1).JPG
posted by ニャー皇太子 at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

今を生きる人。

とある若者がいる。大学生だ。詩的な文章を連ねてブログで自己表現をしていた。

でも、なにかあったらしく数週間前、限界に達して最後の文句を書き連ね ブログを辞める宣言をし、ブログを去った。

でも、その最後の文句のなかにも一言だけ、ブログをどうするか迷いの言葉があったので「きっと、すぐに戻ってくるなぁ」と直感した。賭けは当たってブログには戻ってきた。

でも、彼に最後にコメントしたように「残念」なことに、アンテナを最小限に小さくしての復活だ。うーん、残念だ。鎧をまとえても、アンテナを畳んでいては、いくさにならないですから。

「世の中、一長一短で、見方によって意見もいろいろ」「人は人」「自己満足を追求する」という主張をたくさん繰り返しているのですが、どうしても他人への気持ちを隠しきれない優しさが 溢れてしまってるんですねぇ。
鎧はこれからもずっと必要だし、アンテナもそうでしょう。アンテナってのは、常に外だけ向いているわけじゃなくて、時には自分に向かっても向けられていたりもするので、やっぱり、必要なのですよ。
鎧は硬ければ硬いほど良いかというとそうでもないので、時間と経験によっては軽く柔軟なものにもどんどん変化させていける。

がんばれる人にはがんばって欲しいと願うばかりです。


onigiri.jpg
posted by ニャー皇太子 at 13:49| デンバー ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

Japan Today

おもろいす。このニュース・サイト。
日本には、こういうのが無いなーと思ってましたが、(英語ながら)日本のネタに集中したものが出来てきた。

Japan Today


記事に意見がバンバンかけて、RSS配信もばっちり。芸能ネタから、訳の分からんネタまで豊富。ソースが弱いのは、まぁ、しょーない。

しばらく遊んでみようと。
posted by ニャー皇太子 at 10:19| デンバー ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

国会会議録

あなたの知っている先生は、国会でちゃんと働いているのか?
どんなことが話されてるだ?
あんなことした議員は、国会では、どんなこと言ってやがんだ?

国会の会議録って、じつは、ちょっとした暇つぶしになります。
国会 会議録検索システム

うちの犬は、介助犬モドキとか、なんちゃってレスキュードッグと揶揄されますが、じゃーホンモンの補助犬はどんなんだろう?
そんなとりとめもない事を検索するといいです。GOOGLEもパワーありますが、こっちもはまるとなかなか。

しゃべった通りに記録されてるので、ちょっと読みづらいけど、はまると面白い。不思議と。

補助犬の検索結果↓

testtest.jpg

posted by ニャー皇太子 at 08:30| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

哺乳類と恐竜

140万年前、恐竜がブイブイいわせていた頃、毛むくじゃらの哺乳類はリス位の大きさしかなかった。

と、先週まで思われていたそうです。で、中国からすごい化石が発見されたらしいです。

2つあって、一つ目は大きい哺乳類。
といっても、中型犬くらいの大きさらしい。
それにしてもリスくらいの大きさしかなかったといえば、大した出世だ。

2つ目は、その大型哺乳類の親戚にあたるくらいの近いモノらしいが、なんと、恐竜の赤ん坊をほとんど丸呑みした状態の化石が出てきたという。

哺乳類は食われる立場だとおもっていたが、どっこい、哺乳類でもイケイケドンドン腹減ったら恐竜でも食っちまうかぁ、という斬り込み隊のようなヤツがいたらしい。

しかも、丸呑み状態なので、胃袋のなかでその恐竜の赤ちゃんは、ほとんど原形を保ったまま化石になっている。二重三重に恐れをしらない大したご先祖様がいたもんだ。

以上、タイム紙ネタでした。
posted by ニャー皇太子 at 13:35| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

幸福とお金

タイム誌ネタ、第二段。

お金と、幸福感は比例するか?

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 01:47| デンバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と猫の効能

本人、、、いや、本猫と本犬はどう思っているか知らないが、ペット好きの人間は、毛皮ムクムクのペットがかわいくて仕方がない。

かわいいと思ってるのは飼い主の勝手なので、ペットが他人の迷惑にならないように、うちでは気をつているつもりだ。

ところが!

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 01:25| デンバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

イヌのカウンセリング イヌの悩み相談室

イヌのカウンセラー・フォーグル先生による、イヌのお悩み相談の本です。
たとえば、こんなイヌの相談が寄せられます。

「私は、その辺中の木の臭いを嗅ぎ回ったり、他のイヌの落し物にほとんど鼻がくっつくほど近づいてしまいます。知らない人の股間に鼻を押し付けたりもします。私は変態なのでしょうか?」

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:36| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

どうしてブッシュは、恐れをしらないのか?

先々週くらいのタイム誌のコラムだ。

2次ブッシュ政権は、1950年以来の珍しい特徴を持ってるそうだ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:42| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

猫のヒゲは脳である。

島田さんという作家と、養老猛氏の対談集。10年以上前の対談集だそうだ。
もう、そのころから養老さんは、バカの壁説を説いていた。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:41| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

バカの壁、死の壁

養老猛司氏の、ヒット著作。

おもしろかった。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:20| デンバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。