2005年03月05日

子どもをニートにしないために 親のための就職塾

子どもをニートにしないために 親のための就職塾


 働いておらず、学校にも行っていないニート(NEET)が増えている。子供をニートにしないために親は何をすればよいか。ニートの就職支援などを行っているNPO「育て上げ」ネット(東京都立川市)は12日午後1時から、東京都杉並区梅里1のセシオン杉並で「親のための就職塾」を開く。

 ニートは約70万人いるといわれる。そうしたニートにパソコンの操作や農地の耕作などいろいろな仕事のやり方を教えている同ネットは「子供が職を得るには、まず親が自信をもつことが必要」との観点から、親がどう子供の就職活動にかかわるべきかの塾を開く。大学生の就職支援などを行っている会社「ワンバイワン」(東京都杉並区)と共同で親子のコミュニケーションの築き方、ニートにさせない方法などを話す。

 親の相談にも乗っている同ネットの工藤啓理事長は「契約や派遣社員になった子供を内心では一人前だと認めない親が、多額の小遣いを与え、お互いに沈黙し合っている例がある」と親がまず価値観を改め、子供に働きかけていくことが重要だと指摘している。

 就職塾の参加費は1000円。定員先着50人。申し込みはワンバイワン(電話03・3317・8391)。締め切りは5日。【小島正美】


ニートを創ったのは大人以外何者でもない!って以前愚痴ったけど、家族にこの問題をかかえてらっしゃるところは、ご苦労されてるんだろうなぁ。やるせませんな。
posted by ニャー皇太子 at 14:15| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんとにこんなん安いのかぁ!

こんなサイトを発見してしまいました。
http://www.buyallsoftware.com/adobe.html?q=adobe
みーんな40〜50ドルで、ソフトが買えるんだって。
おそろしい・・・

まじに受け取ってどんなトラブルに巻き込まれても、わたしは一切の責任を負いません。各人の責任において、行動してくださいね。


posted by ニャー皇太子 at 14:06| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

やはりここは、MAGIXか!?

うーむぅ。

ムービーを加工するのはいいんだけど、このウィンドーズについてるソフト=ムービーメーカーって、SAVEするときに、ファイルを選択できない。なんでもかんでも、wmvって形式になってしまう。
そうすると、ブログにアップしてもマックの人は見れない。
マックも、WINDOWS MEDIA PLAYERをインストールすればいいらしいが、どうもマックと親和性が悪くなる場合があるようで、妻のマックにインストールする踏ん切りがつかない。

代わりにフランス生まれのVLCだとかなんとかというソフトをインストールしてみた。
ダメだった。
wmvには1から3までバージョンがあって、1と2はきれいに再生できるらしいが、3にはまだ対応していないのだ。で、このムービーメーカーは、3を生成するのだ。見れるわきゃない。
(VLCは、ここで入手→VLC Media Player

一方、ちょっとした拍子に、マックのクリックタイムで撮ったビデオを入手。で、その生ビデオ。今度は、ウィンドーズのソフトが対応してくれません。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:36| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

ビデオ編集

「なんじゃこりゃー!」
とびっくりしたのは、ウィンドーズXPってビデオ編集ソフトがくっついてたからだ。
ずっと放っておいたんだが、これが面白いんだわさ。

おんぼろサイバーショットの音なしムービーを取り込んでは、いじくってみる。

でも、音がないとつまらない。無料効果音をダウンロードしてはむやみやたらにくっつける。
無料といいながら中には凝ったものがあって、音が右に左に動くのもあったりして、とっても3D。

うーむぅ。面白い。
コマーシャルくらいなら、創れるかもしれん!

で、もちょっと気が利いたソフトはないもんかと調べてみたりする。
Pinnacle Studio 9 Plus
Aodobe Premier Elements
Magix Movie Edit Pro 10
Ulead VideoStudio 8
Sony ????

レヴューを漁ってみると、pinnacleとadobeがよさげ。
でもpinnacleは、AMDとの相性が悪いということで、ボツ。
adobeは、バージョン1ではいつも小出し、小出しでくるので、様子をみたいところだ。音がいじれないというのは、痛い。でも、画像はきれいそう。
いまのところMAGIXにちょっと傾き気味。ピクチャー・イン・ピクチャーも、CHROMA KEYもある。音もいじれる。画像は、、、わからん。ま、そんな大層なビデオは撮れないからいいか。なんてたって値段は、他の半分。

ま、そんなことより、腕ですからね、腕。


posted by ニャー皇太子 at 12:32| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

マックのアイコン、クリック、クリック

という、マックの使い勝手の生みの親が死んだというニュースがありました。

妻のマックを買ったときに、iCreatという雑誌を買ったが、そこにこのおっちゃんが載っていた。「いまのマックは、もうだめだ!」と、上等をきっていたが本人がダメだった。でも、なんとなーく、人の視線の動きでコンピュータを操る研究だか事業化をしてるような節があったので、楽しみにしていたので残念。

「アイコンをクリック」は、世の中に広がったよなぁ。それだけでも、彼にとっては本望でしょう。



posted by ニャー皇太子 at 10:40| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

犯人は誰だ!

今も下半身に力が入らないような妙な感じが残っているが、なんとか回復した。

「そろそろ何か別のものが食べたいでしょ?」と、妻が夕飯にサンドイッチをこさえてくれた。なぜサンドイッチかというと、妻がそのサンドイッチの写真を撮りたかったからだそうだ。

そのサンドイッチにかぶり付きながら、数年前にも同じ症状にあったことを思い出した。



まだアメリカに来て数週間目のころ。「なぁにぃ!Kマートって、こんなに安いんかぁい!」と喜んでいた頃で、後輩と一緒に暮らしていたころだ。彼は、仮にP君としておこう。

そのときも似たような症状に倒れたことがあった。そのときの症状は、もっと凄かった。
下だけでなく上も大忙し。やっぱり熱は出るわ、寝ても覚めても汗だく。そんな症状が4−5日続いた。

食あたりだ。寝てれば治る。
と高をくくっていたのだが、いっこうに良くならない。良くなる気配がさっぱり無かった。
そして、4−5日たつとさすがに脱水症状がやばいゾーンに入ったようだった。

人って、砂漠ではこうやって死ぬんだろうなぁ、、、

そんな戯言が自然と頭をよぎるようになった。
そしてとある瞬間。それまで体も頭も苦しくてしょうがなかったのに、その瞬間、

あ〜、なんだか幸せぇ。気持ちよくなってきたぁ〜。

ほんとうに、ふわーっと幸福感が脳から全身に回っていったのだ。

わずかに残る理性だか本能だか分からないモノが電話をして、後輩Pを呼んだ。呼んで医者に連れて行ったもらった。

日本語が完璧な中国人でアメリカで開業している先生だった。一体何者?

聴診器を2−3回あてると診察終了。
「あれだ。風邪の菌が胃腸に入ったんだよ。えーっと、解熱剤と、腸の痙攣止めと、胃薬、だしますから、お大事に。あ、飴玉いっぱいなめてね。それしか、栄養とれないから。あ、水も一杯とってね。やばいから。」

ほんとか、おい!

と一瞬感じたのだが、幸福感に満ち足りていたので、言いなりに薬をもらい、さらに受付に沢山おいてあった子供用の飴玉までしこたまもらって帰った。

「ありがとうP君。」
「いやー、良かったですね。風邪で。わたしはてっきり、この間作ったラーメンに落とした生卵かとおもっちゃいましたよ。だって、あれ、4週間くらい前に買って残ってたやつなんですよぉ!」
「なにぃ???」
「いや、でも、風邪でしょ?風邪ですよ!」



じつは体調をくずす前々夜、そのP君とバーで飲んいた。しかも、1年ぶりに。

でも、その再会の前に妻と別のバーでボイル・シュリンプを食べていた。その中の1匹が、ひっじょうに怪しいかったのを覚えている。

この2つの疑惑の間でわたしは悩んでいる。


Liberty Shower_1.jpg
posted by ニャー皇太子 at 12:49| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

マックのEXPOSE

妻はマックを使っているのだが、どうしても羨ましくて仕方ないことがある。

EXPOSE機能だ。

知らない間にいくつもウィンドウを開いちゃっていて、探すウィンドウがみつからないくなることありますよね?または、やけに綺麗に重なって開いてしまって、イライラしたり、、、、
そんなときに、この機能があると、便利。そして、おしゃれだと、わたしは思うのですよ。

キュッと左すみにポインターを持っていくと、開いているすべての画面が、適当に小さくなって整列しすべてのウィンドウが一覧できるというものだ。

ウィンドウズをマック風にするユーティリティは一杯あるが、果たしてexposeを真似たものはあるのかなぁ、と思い探しはじめる。で、あっけなく見つかった。
3つくらいあるようだが、TopDeskというのが日付的に一番新しいリリース日だったので、そいつをチョイスした。

いやーイイ!
いいよ、これ。

さすがに、マックのように滑るようにはいかないが、一応役を果たしてくれる。大・満・足。


Untitled-1 copy.jpg
posted by ニャー皇太子 at 11:37| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかゆの味

ぐる、ぐるぐる。ん? は、腹が渋い、、、

起床の30分前。微妙な痛みを抱えて目が覚めた。

今日も元気だ!
一日一本!さぁ、絞りだすかぁ。

トイレに立った。

ん?なんか、痛みが違うような、、、
はっはっは。今朝の一本は、早く出たがりだなぁ。

腹の中のキカン坊をなだめるように、トイレに入った。そして入るなり、キカン坊は、エイリアンのように暴れだした。

危険だ!

急いでパンツをおろして、便器に飛び込むように座る。


ーーーーー放送禁止ーーーーーー。


いってぇ!。腹いってぇ! ぁあぁ、また、、、。


ーーーーー放送禁止ーーーーーー。


はぁ、はぁ、はぁ。峠は越したぞ。

どうにか、エイリアンは流れ出た。気の遠くなるような芳香を残して。

それから、坂道を転がり落ちるように体がだるくなりはじめた。
でも、なんとかシャワーも浴びて、朝飯を食べ、妻の作ってくれらサラダ弁当もかばんに突っ込み出かけるばかりにした、そのとき、

きゃーーーー!エイリアンが、リターン!痛ってぇ!

トイレに駆け込み、エイリアンと格闘。そして、勝利はするが、出かけるガッツを失った。
そして、悪寒が全身をかけめくり始める。

「休むんだったらベッドで寝てたらぁ?」と掃除を始める妻。
猫は猫で、「なんでいるんだよ」というオーラをビンビン発しながら丸くなって睨んでいる。
犬は訳が分からず、オシリに鼻をくっつけてつきまとってくる。そんな臭いがすきなのか、おまえという犬は。。。

正露丸をしこたま飲んで、ベッドに入る。寒くてしょうがない。
寒くて、足の指がつるんだから始末がわるい。

いつの間にか寝てしまった。

「はい!おかゆできたよ!」
と投げつけるような妻の声で起こされた。

テーブルには、ホカホカの湯気がでるおかゆがあった。それと味付け用の塩コンブ。
おかゆの中には、梅干が2つ。転がっていた。
よく見ると、アサリがたっぷり。

すごく旨かった。ありがとう。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:02| デンバー ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

これは、嵐の前兆か? <エイズ>

Does One Case Equal a New Epidemic?

スピードをやってた、いわゆるヤリチンさん。彼がエイズで死にました。
ニューヨークじゃそんなんばっかりだろう? と映画に感化された脳みそは考えましたが、ちょっと一風変わっているらしい。
感染からバリバリに発症するまでに数ヶ月しかなかったといいます。数年ではなくて、数ヶ月です。早い。

これが新しい種類のエイズなのか、それともスピードをやっている人間に特有なのか、はたまた彼がもともと弱い免疫をもつ個体だったのかはっきりしてないそうです。が、ともかくニューヨーク当局はその短い間に関係をもった相手を一生懸命探しているそうです。

日本だと、エイズというと薬害エイズ問題。

これが問題。何が問題って、お役所や学者先生の対応の問題ではない。そんなのは、ゲップが出るほどみんなが寄ってたかってほじくったから、もう放っておく。

そうではなくて、けっきょくお陰で、一般人の間でエイズという病気自体への対応や教育が、完璧に狂いましたってこと。まるで、お役人を叩いて気分が晴れたら、エイズはどこかに消えてなくなるとでも思ってるかのようだ。
その証拠?
着実に感染者が増えている。

それから、叩かれたまくったお役人さんは過剰防衛で対抗するしかない、、、これ以上は、話がずれるんで閑話休題。

要するにだ! オカムラの株価は低いに違いない。備えあれば、憂いなし!

posted by ニャー皇太子 at 10:43| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RSS READER

頭が固くなってくると、毎日同じを繰り返すことで安心するような気がする。
犬の幸せも、毎日まったく同じことを繰り返すことだと、フォーグル先生が書いていたような、、、。って、ことはオヤジは犬化するのか!

しょうもない考えは放っておいて、なんでそんなん言い出したかというと、このオヤジの習性をツボをグッと押さえたヤツを発見したからだ。

ともかくも、こいつは便利!
まず、ブログだったら、ほっておけばお気に入りのブログの更新のお知らせが入ってくる。だから、ブックマークを行ったり来たりしなくて済む。
ニュースもそう。RSS配信のあるサイトからは、要約といっしょに更新のお知らせが入る。

外国語のOSなので、日本語のリーダーはボツ。英語のソフトで日本語によく馴染むやつを探さねばならない。
で、行き着いたのは、SharpReader。
まぁ、機能が沢山あるリーダーもあるだろうが必要最低限の機能でとっても潔い。そして小さい、無料、日本語にばっちり対応。
もちろん、入った記事はご丁寧に小さいウィンドーが、右隅からニョロニョロっと出てきて知らせてくれるので、「記事が入っての気が付かなかった!」ってことがない。

RSS Shot.gif


続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 02:27| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

雨の日の猫のしっぽ。

うちにいる猫は、こうです。

1.今日は雨空なので、あさから自分のベッドでマルクなって寝ている。
真剣には寝ていない。ふて寝だ。雨で機嫌がよろしくないから、寝てごまかしている。
しょうがないから、さすって元気ださせてやろうとすると、ものすごい剣幕でにらみつける。
なぜなら、雨が降ったのは、わたしのせいだからだ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 01:14| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

アップル・エアーポート

空港のことではない。
アップルの、ワイヤレス・ルーターだ。
この数日はすっかり遊ばれてしまった。

正確には、エアーポート・エキスプレス。
iTUNE搭載で、インターネットへの送受信だけじゃなくて、iTUNEから音楽を飛ばして自分のステレオで再生できるってな寸法のはずだった。WinXPも、もちろん相乗りオッケー、のはずだった。

ぜんぜん、話がちゃうじゃーん!

どっかのワイヤレス環境の電波は拾うくせに、自らはルーターとして動いていない!おかしい。ケーブルモデムが変に違いない!

こうして、ケーブル会社のテクニシャンと夜中の3時前までご相談が開始された。よくできたもので、5段階くらいにテクニシャンのスキルが別れているらしい。各レベルの人間が、マニュアルでこれ以上は手に負えないという状態になると、一ランク上に丸投げされる仕組み。効率よく問題が解決されていく仕組みだ。
しかし、こちとら、マックのことは10年ぶりに触れるわ、ネットワークの知識はないは、ケーブルモデムの知識はないわで、大苦戦。
おかげで、トントン拍子で、最高ランクのテクニシャンにまで上り詰めた。

確か最初は、陽気なオネーサンだった。

「ルーターの電源抜いて。つぎに、モデムの電源抜いて。」

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 14:05| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

Mini MAC

「ギャーガラパラ、ピー!」という音と共に、今日もわたしのPC(WIN98SE)は、快適にインターネットの世界に乗り込んだ。

この音がすると「お、妻がネットやり始めたな。」と別室からでも分かるので、そんなしょうもない部分で便利。それに、がんばって働いてるなって感じがするじゃない?

しかし、最近はとみにコンプレインが高まってきた。妻のネット狂いの友人がサイトをとっても綺麗に仕上げているのをみたりするにつけ、欲求不満がたまってきているようだ。

「のろい!」
「突然止まる!」
「うるさい!」

うるさいのは、どうしようもない。
突然止まるのは、PCの中をエアースプレーで掃除してやると案外と早くなり安定したりするので、やってみた。果たして安定するからナイスである。しょせん、PCなど機械の域を出ないもんだ。以前の会社のPCなど、蹴飛ばしたら直るというベタな修理法まで通用したっけ。
さて、問題の「のろい」だ。

こいつは、どうしようもない。
しかし、考えてみれば計算機ばかり早くなっても、データを送受信する線がのろくちゃ全く意味ない。
なんといっても、機械オンチだから文句を言っちゃいけないね、と言ってずっと我慢してきた妻がとってもけなげに思う。それに欲求不満はためても、羨ましがったりしないのは、ほんとに偉いと思う。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 15:05| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

痛いところ。

「最近、ブログ、映画のネタばっかりよね?」と、痛い所をずけずけを言うのが妻である。
その通りだから仕方がないが、猫をかぶっていた頃が懐かしいと思う旦那は、わたしだけではないはずだ。

さて、痛いところといえば、最近、うちの猫も痛い目にあっている。
毎朝、人間が朝食をたべていると、その後ろで全力疾走をかましてくれる。だまっていたってバタドタバタドタとうるさいのに、折り返し地点で奇声を発する。やかましい上に、朝の神経を逆立てるといったら、この上ない。そのたびに、手に持っているモノをぶつけたくなる。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 09:58| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

「死者は生き返る」

「死者は生き返る」が15%

これには驚きました。

わたしが死人を見たのは中2(だったかな?)、祖父が初めてだった。いつもしゃべらない無口なおじいちゃんだったので、普通に学校にいってクラブ活動やって、一時間目の授業を待つ間に担任に呼ばれすぐに帰れと言われた時は、さっぱり意味がわからなかった。
家についた時の印象もまったく覚えていないが、兄が号泣しているのを見た。年が離れていたせいであまり言葉を交わさなかったから、感情をむき出しにする兄にとまどった。
自分はというと、


続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:57| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

社会不安と供依存する世代。

なにをムキになっているのか、自分でもよくわかりません。

ともかく、職を転々とする若者の多くが「自分に合ってないと思って」を理由にするそうな。
ふと思ったんですが、「自分に合ってない職を転々とする」ことは「自分探し」とまったく同じじゃないかなぁと。
周りの環境と自分を対比させることでしか、自分を見出せないのではないかと。みんなが学生服を着ている時に白いセーターなど着ていたら、きっと彼は自分に合ってないと思って、違う世界を探しに行くのでしょうね。今でも自分探しでイラクまで行った彼のことはとても悔やまれる。

ニートのことを考えた時、かれらが子供から成人になる間、社会ではなにが言われてたかをもう一度考えてみる。リストラだの、終身雇用の崩壊だの、個人の努力や忍耐などお構いなしのニュースがオンパレードでした。

ずっと彼らと、そのちょっと上の世代は、社会不安の中に居続けざるをえなかったわけです。


続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:12| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

Twixters

ニートの発生は、オヤジのせいだから、まずは金融をもっともっと緩和したり、マスコミの質をあげたり、、、なんて愚痴をこぼしたのはつい先日。

marinesさんからは、ニートとはまた違う傾向の若者の話を頂だいした。→会社を辞める若者たち
世代間に信頼関係がないとの話。ごもっともです。世代間だけでなく、いろいろなところで信頼がゆらいでいる昨今のような気がします。
その反動で余計なコストをかけた認証システムなんてのが大流行。
ただ、それって実は信頼の蒸発をシステムで補完するというより、自己が強くなりすぎて自分が分からんことは他人任せにする一種の無責任の現われのような気がするこの頃。ですが、それは今はほうっときましょう。

で、毎度まいどのタイムに面白い記事がありました。わたしから見ると同じ現象に思えるのです。
Grow Up? Not So Fast

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:20| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

サリドマイド

すっかり悪名が広まっている薬が復活するかもしれない。
<サリドマイド>「希少疾病用医薬品」に指定 厚労省審議会

まずはどんな目的の制度なのか、厚生労働省のサイトからひっぱってみた。
希少疾病用医薬品・希少疾病用医療用具の研究開発促進制度
どんな薬が実際のところ許可になっているのか、リンクが用意してあるのだが繋がっていなかった。

なるほど、「希少」が相手なわけだ。
患者が少ないと、研究なんて進まない。だって、薬を創ってもリターンが期待できないから、積極的に開発に進まない。
かといってそれでは、本人やご家族の心労と、それを受けて立たねばならない医者の葛藤は大変なもんだ。
だから、例えば海外などで、救済の方法として実行されているモノがあるのなら積極的にとり入れてもいいじゃないか?わたしには、この発想は至極自然に思える。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:40| デンバー ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

24 シリーズ3完

ネタバレ注意!(観てない人は読んじゃだめ)

このドラマには、平家物語に通じるものがあるんだなぁ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:22| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

RED STAR TAVERN

久々にレッドスターに行って来た。

昼間、妻は友人と月に一度のレディース・ランチで、なんとも美味しいチキン料理を食べてきたらしい。

それを聞いたら居てもたてもいられず、ステーキを食いに行ってきた。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:27| デンバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。