2005年04月29日

スポンジボブ・グッズ

わたしのブログの検索ワードの一覧のトップはこの一ヶ月、「スポンジボブ」である。

海中に住むスポンジのボブは、海中生物の隣人と楽しく毎日を過ごしている。
・・・そんなアニメである。だけれども、たまぁに一部が実写になったりして、それがとてもオツ。
それに、どんな話だったかまるで頭に残らない軽薄さがまた、気持ちいい。

そんなんだから、子供と一緒に見ているうちにファンになってしまう有閑マダムなどがじつは多いとも聞く。
だからだろうか?ボブのキャラクターグッズには、お母さんしか使わないだろう例えば泡立て器があったりする。

しかしそれではあまりに面白くないじゃない?だから、こんなものを買ってきた。そしたら怒られた。

まずは、おかあさんと一緒にご飯を食べよう!平皿、サラダボール、コップの3点セット!
BOBplates1.jpg  BOBplates2.jpg


ほんとにボブがいたらこんな触感?な、得たいの知れん物。
BOBcup.jpg


ボブのアンチーク・テレビゲームだぁ!
BOBgame.jpg


ゲームでのどが渇いたら、ボブのカップで水分補給。
BOBjerry.jpg



「あ!これ欲しいかも・・・」と思ってしまったあなた!
手遅れです。
手に入れるまで夢にまで出てくるきますよ。

お送りしますんで、そして、仲間になってくらさい。
posted by ニャー皇太子 at 11:43| デンバー 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

2030年、日本

http://news.goo.ne.jp/news/topics/index/26147/1.html

どうやら「おらぁ、年寄りじゃけー」といういいわけが通じない世界になるようだ。
よろよろしながらも、昔通ったきねづかでハンバーガーをむしゃむしゃ食いながら、
天気予報を見て自分の投資したお金の行方を心配しなければいけないような日本だ。

労働は、安い賃金の外国人労働者を沢山招きいれなければならず、まぁ、治安は脅かされるし、
日本人としてのアイデンティティも危機にたつかもしれないね。

でも地方が活性化したら、そんな世界でも十分に楽しくいけると思う。けっこう楽しみだ。
あと、大切な資金が訳のわからん世界に吸収されるような部分は、解体されてないと困るかな。

でもでも、まぁ、なんとなく楽しみを感じる(のは変か?)

nobi.jpg




posted by ニャー皇太子 at 12:34| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

内臓脂肪症候群:わき腹の肉つまみ、2センチ以内だと可能性高い

内臓脂肪症候群:わき腹の肉つまみ、2センチ以内だと可能性高い
 ウエストを測ると心筋梗塞(こうそく)の危険性が分かる?――。


笑えるようだけど、奥深そうな記事だ。
posted by ニャー皇太子 at 10:49| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

猫の目、腫れる。

右目の目頭が、腫れていた。

左目をバクテリアに食われて、眼球爆発寸前までいった過去があるので、ネコの目の異常にはすばやく反応する。

その結果。久々のエリザベスカラー・モードになったネコであった。

正面から見てもおもしろくないのだが、歩く姿を後ろからみると、なんともかわいい。

赤いたてがみのちびっ子ライオンの出来上がりだ。

lib_menra.jpg
posted by ニャー皇太子 at 12:17| デンバー ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

発想

つくづく思うのですが、日本のカウンターパートが聞いてくる内容って皆いっしょなんですよねぇ。

気の効く人間なんか、はじめっから「よくある質問」を作成して、それを渡して交渉はおしまい。相手は気をよくして帰っていきます。

バカにされているのがわからんのですね。

「フェイス・トゥ・フェイスで、腹を割って難しい交渉をしてくるぞ!」とやってきたのに、紙っきれ一枚渡されて、それを朗読しておしまいなんです。つまり、「あなたと交渉することはない。プリントだけ読んで帰っていいよ」といわれているのです。

でも、「準備がいい!来て良かった!」なんて気をよくして帰っていく。
そして、これこそが成果だ!とばかり、その紙の情報が先々に転送されていくだけ。
ひどいのになると、英語で書いてある内容がまったく曲解されて日本語になって流通してしまってることもある。

発想がないからなんですね。
「これとこれとアレを聞いたら、ポイント押さえたことになるので、仕事おしまい!」なんでしょうね。

そうじゃない。
「自分はこう思う。その思いを達成するには、これとこれとアレが必要だ。もしそれが揃えば、俺は徹底的にやったるぞ!だから一緒にやろう!」というのが仕事だ。
そんないろはも知らずに、前者のような発想のないチェックポイントつぶしで満足するのは、頭を使わずにできる機械にやらせておけば十分。


たまぁに、大学生の就職活動ブログみたいのを見ることがある。なぜだか知らないが。
そこでよく見るのが、こう。大学生がOB訪問先で「オマエは甘い。世間は、オマエの意見なんかきかねーんだよ!」と言われて、悔しくて腹を立てているという記事だ。

わたしに言わせれば悪いのは、そのOBだ。しかも悪いのは、頭だからどうしようもない。

大学生の大半が会社組織で時間を費やしたことなどないんだから、甘いのが当たり前。そんな当たり前のことを、気合を入れてきている1人の人間にむかって吼えたところで、立場上弱い人間から優越感を得るという自己満足でしかない。そんな自分のバカさ加減を表してどうなる?
気合の入った人間の発想には、まず間違いなく、何か光る部分があります。それをおだてる度量もなく、先輩風だけを吹かすのは、どういう了見なんでしょうね。
見当違いの光だっていいんです。だって、会社に企画書を出せ!って言ってるわけじゃない。
それより、そういう光をだせる力があることを認めてあげることが大事。
それが分からんのは、たぶん、自分に発想の力がないから。チェックリストを埋めて喜ぶしかないから。(そして背後で笑われていることにも気がつけないような鈍感だから。)


ということで、発想がない人間は、どんなもんなんでしょうねぇ、という愚痴でした。
posted by ニャー皇太子 at 13:56| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

全身筋肉痛なのじゃー

世の中にどうしても欲しい薬。

二日酔いの薬と、筋肉痛の薬。

バファリンで痛みをごまかすってことではないです。それを飲んだらス〜って苦しみが霧散するような薬・・・遺伝子治療だとか、ファーマコジェネコだかなんだか分からんもんじゃなくていいんです。

いないのかなぁ、そういうマッド・サイエンティストは?
需要の裾野は、馬鹿でかいはずだ!
それで軽減される社会的損失もでかいはずだ!
筋肉をほぐすために泣き笑いしながらストレッチをやって「やにやってんの?」って非難されなくてもいいはずだ!

posted by ニャー皇太子 at 13:11| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

猫には出来ない反省

頭がいたい。
気持ち悪い。
だるい。
寒い。
早朝から妻から、うるさい、臭い、と罵詈雑言を浴びる。

こんな症状がでたら二日酔いを疑う必要があります。寝る以外に対処のしようがない、恐ろしい病気です。じっさい、医者や研究者もさじを投げているので、特効薬や予防薬の研究などまったくない、こわいこわい病気です。
家族からの同情も得られず、罵詈雑言のなか、苦しみもだえるかわいそうな病気でもあります。

しかし、いくつか、予防法があります。

懲りることです。
15分メモリーしか持たない天然ラッキーな猫にはできない反省、をすることです。
それから、友達は慎重に選ばなければいけません。なぜなら、この病気は簡単に伝染するからです。
そして最後に、残念ながら、歳も考えることです。

さぁ、これらを肝に命じて勇気を持って生きていこう。
posted by ニャー皇太子 at 08:03| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

映像編集ソフト レビュー Magix Movie Edit Pro 10

マジックス ビデオ
バージョンが一緒が分かりませんが、わたしがはまっている映像編集ソフトはこれ↑

でも、あまりにもパッケージがダサイ。
いや、わたしの感覚がオヤジなのかもしれない。しかし一万歩譲ってそうだとしても、やっぱり優れもののソフトには見えん!
きっとブランド名で、ピナクル(Pinnacle)とか、アドビ(Adobe)とか、ユーリード(Ulead)なんかが売れるんだろうなぁ。

それではマイナーソフトを使うわたしとしては、とても悔しいので勝手にレビューじゃ!

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 10:43| デンバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレス:ため込む10代 崩れやすい心と体のバランス

ストレス:ため込む10代 崩れやすい心と体のバランス

子どもの年齢によりますが、思春期、あるいはその前期の中、高校生や小学校高学年を想定してお話しします。好かれている、嫌われている、信頼を裏切られた、裏切った、そんな感情に大きく揺れる時期で自己評価と他者による評価も揺れ、新しい環境での友だち作りにも、この時期特有のストレスが蓄積しやすい。

 かつて、といっても30年ほど前なら、この思春期の経験や悩みを自分でストーリーにして学び、思春期を卒業していく、つまり自我の統合を図っていくということが典型的にあったのです。

 ところがこの十数年の場合、この内面的なストーリー化がうまくいかない者が増えていると思います。どういうことかというと、友人関係の悩みがあっても内面的に自分の心の中で解決していくのでなく、外在化させてしまう。具体的にいうと発熱や嘔吐(おうと)というように体に転化させる、体のせいにする。精神医学では身体化と言います。

 もう一つは行動化です。突然、物を壊す、他人を攻撃する、自分を傷つける。俗に「キレル」という現象もこの中に入ります・・・・


そして30代になれば、早い者は長い友達であったはずの髪も去りはじめる。
人生には安泰はないのですなぁ。せつないのぉ・・・

posted by ニャー皇太子 at 09:15| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

この国の道は、非常に単純で、名前や番号がちゃんとついていて分かりやすい。
住所と密接に関係してるからかな?

たとえば、I−90といえば西と東海岸を直結したわけの分からんほど長い高速道路。いわずもがな、ルート66もとても有名。
でもアトランタでは、ピーチツリーという名前のついた道が、100とか200とかあるというので、逆に混乱を招いている。
あと、ニューヨークの5番街なんていうのは、もっと分かりやすい例かな?!

さて、この5番街は5th avenueってことで、要するに5番目の辻、ってなところ。こう書くと、カッコ良くもなんともない。

ところが!

田舎で見つけてしまった。なーんと、800番台のストリート(street)!


目を疑いました。たしか、849th streetぐらいだった。
でも、見間違いだと恥ずかしいから、車を運転する隣にいた現地人には黙っていました。

ところがしばらくいくと、やっぱり出てきた847th street!

もう、目の錯覚ではない。確信!

となりのシロンボに言ってみた。
もちろん、「こんな田舎で800もクソもないんじゃない?いったい、どこから数えてんだ?」という小ばかモードのニュアンスをバリバリに発しながら。

その白人は、冷静に解説をはじめた。
「いや、バカバカしいのは分かる。でもこれは、公共サービスの便のためなんだ。救急車を呼んだときに、こんな田舎で西に5マイル行ってから、南に1マイル・・・なんて説明しても迷ったら永遠に目的地にたどり着けないだろ?」

「いや、人口が少ないから、名前を言っただけで、どこのだれのことか分かってるだろう?」と言ってみたかったが、「がってん承知!」と関心しながら納得してあげた。

しばらく、無言で車で走り続けた。

その間、だんだん番号が減っていったが、無くなることはなかった。しかも843rd streetとかって、”rd”となっているところがまた、妙に律儀さを感じておかしさを誘ってくれた。

「うん?」

また、視界に妙なものが飛び込んできた!

824 1/2 STREET

こぉらぁ!824と半分って一体なんだよ!おい!
どんな道なのか、いてもたてもいられず、高速で通り過ぎたその道を振りかえってみた。

舗装されていなかった・・・

(舗装されていないから、まだ道として半人前。だから1/2なのか!?)

言葉にならず、わたしは指指すしかなかった。

勘のいいこの外人さんは、すばやく察して解説をはじめた。
「いやいや、番号はもともと1マイル毎に上下してるんだよ。だから半分ってこともあるんだよ。」

ブログに書こうと、思った瞬間だ。

どうしてそういう緻密なことをもっと他のところでやらんないんだ、きみ達は!



posted by ニャー皇太子 at 01:46| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

風邪が治らん。

どうも調子が出ない。喉が痛くてたまらない。ブログのネタがない。
って、勝手な気持ちをツラツラ書かれた文章ほど、つまらんもんはないな。

気を取り直して。
手ごろなところで、フォリエ社長ねたで行くか!
SBIってソフトバンクだったんだ。またどこかのヤンキー投機団体かと思ってた。お恥ずかしい。
えー、この2社が会談するだかしないだか・・・
きっと、フォリエ社長はLBO集金広告が失敗で資金の目処がつかなくなったんでしょう。で、SBIが買収(友好TOB)の話でも持ちかけてるんでないの?
ヌラカミファンドの投機に利用されたことに、フォリエ社長はまだ気がつかないのか・・・。まだライブ門に価値があると思われてるうちに、社員のために身売りしといたほうがいいと思うよ。

うーむ。もう終わってしまった。

そうそう、画像の編集。むずかしいよ。
ちょっと気合をいれると、とてつもなくでかいファイルになってしまい、とてもブログなんぞに置けん。だから、いつもちゃちぃ映像なんですよ。ほんとに。まじに。たぶん。
マジックス(MAGIX)のソフトがやっぱりお勧めです。安い早い上手いの3拍子がそろってる。懲りだしたらいくらでもディープに編集できるのが、オツです。HDやワイドスクリーンも対応しているから、将来性もばっちしだし。
しかし、オスカー賞ばりの映像を創ってあるんだけど、ブログじゃ無理だからなぁ、、、いや、残念。

しかし、喉の痛みがしつこい。ヨウレン菌ってのに罹ってちゃんと初期治療しないと根絶しないって、なぞの英語と日本語がぺらぺらのなぞの中国人先生が言ってたっけ。そのパターンっぽい。
この菌が喉に常駐してるから、きっと歌も上手くならないに決まっている。

だいたい、喉風邪がなおらないのには、犬も一枚かんでいる。今朝なんか、朝の4時からゲージのなかで大騒ぎ。度ッタンバッタん。息もハァハァさせちゃって。
この息ハァハァは、うちの犬の場合、ウンチかオシッコが限界に達している証拠。
すかさずベッドから飛び降りて、オシッコに連れ出した。
そしたら、ゲリ。しかも、ドッピャーって。
喉は絶好調に痛いし、咳まで出はじめて、涙でかすんだ視界の向こうには、おなかを丸めてゲリを出す犬。
朝4時に体験するモノじゃーない。
ひと段落したので、ゲージに戻ってみると、ゲロまでしてあったりして。
妻がセッセと掃除をしていた。

という一日だった。
posted by ニャー皇太子 at 11:01| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

24Twenty Four ケダモノ編予告

24 Twenty Fourに、シーズン5がある人を知ってる人は少ないだろう。

現在、この国では、シーズン4が放映されているのだが、ジャックバウワーのワンパターンが、だんだんと批判されてきている。

それに、出演者の個性もだんだん落ち目である。

そこで、FOXが考えたのが、テロリスト達のより本能に近い恐ろしさをだすために、ケダモノ編としてシーズン5の製作を始めているのだ!!!

そして、驚愕の予告編を発見!!!
いつFOXにみつかって強制削除されるかも分からないので、それまでの期間限定。
さぁさぁ、下のリンクをクリック、クリック!

マックの人用
ウィンドーズの人用
File: MPEG or MOV, 4MB
Special Thanks: 音の葉っぱ
posted by ニャー皇太子 at 03:55| デンバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

猫ダウン

朝、歯を磨いていると会社から電話。
しょうがいないから、ペッとやっただけでゆすがずに対応。
5分くらい話たところで、用件はケリがつき洗面所に駆け込んだ。
気持ち悪いったらない。

駆け込む寸前、後ろで妻が悲鳴をあげているのが聞こえた。
しかし、こっちは口の中にセメントを流されたような気持ち悪さので、口をゆすぐのが先だった。

はぁ、さっぱり!

「ねこが!ねこが!」
妻が叫んでいる。

「どうした?」
「吐いてる。」

見れば、妻が間一髪で用意した新聞紙(この猫はこんな時でも、WSJが好きらしい)の上に、丸呑みした餌と水がドバーっと流れ出ていた。

「あ〜あ。毒盛ったっけ?」
毒とは、毛玉吐かせ用の餌である。

「うーん、うん。やってないよ。」
たしかに、毛のようなものは全然ない。ゲロの色もいつもと違う。色が薄い。それになんでこんなに水が???

・・・猫の絶不調が始まった。

妻が呼んでもベッドでマルクなっているだけ。
しょうがないから、肩と腰のマッサージをしてみる。それでも反応なし。
だいたい、目を閉じてニャーと鳴くでも、睨むでもない。
ただ、小さく、かすかに聞こえる声で、ゴロゴロ鳴いているだけだった。

死ぬぞ、この猫。

そんな考えがとっさに脳裏に走った。
きびすを返して、犬猫の薬箱から「元気がでる薬」なるものを取り出してきて、無理やり3滴ほど口に含ませた。その間も目は閉じたまま。ニャーでも睨むでもない。
そういえば、今朝は、日課の全力疾走すらしていない。
トイレをチェックしてみる。ウンコすらしていない!

ただただ、体を硬くして、丸くなっているだけだ。

やっぱり劇物でも舐めたか!


と、妻が遠くで猫を呼びはじめた。
「にゃーにゃーぁ。おいでぇ。良いものあげる。・・・煮干ぃ」

この一大事に、煮干ってかぁ!



果たして、猫は反応しよった。

キューーーー、キューーーっと聞いたことのない声で返事をすると、わたしの存在は無視してベッドから飛び降り、妻のもとに走っていった。
そして台所で、猫に話しかける妻の声がはじまった。
どうやら、元気に食べているらしい。


わたしは、とっとと犬を連れて散歩に行こうと決意をした。


posted by ニャー皇太子 at 13:55| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

スポンジボブって売れはじめたの?

検索のトップなんですけど、スポンジボブ、このごろ。

一体、スポンジボブの何が知りたいのじゃい?

言ってくれれば、ホットな生な情報を提供しやしょう。

お、なんなら、グッズも送ってやってやるぜい!

(って、誰に話しとんねん?)

posted by ニャー皇太子 at 14:21| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

スリランカの復興。

http://news.bbc.co.uk/go/click/rss/0.91/public/-/2/hi/business/4339839.stm
スリランカは、2007年まで借金の支払いを待ってほしい、のです。

第2次世界対戦が終わったとき、日本への補償要求を「憎しみは憎しみで断てない」という理由で破棄した国です。
大変なようです。

日本じゃニートを100万人も食わせてやってるわけですが、なんとかその金を分配できないもんですかね。

posted by ニャー皇太子 at 10:29| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻怒る。

あ〜、なんて今日は、ビューチフルな日なんだろう。

雲なんかひとっつもない、
風はそよそよ東から、
ベランダに出れば太陽の暖かさが肌をすり抜けていく。

妻は、犬に向かって一生懸命はなしかけている。
「今日は、あったかいから、パニャラ行ってコーヒータイムしようなぁ・・・」

が、突然、目を見開いて妻が立ち上がった。
「ちょっと!もう9時になるじゃない!」「行かないの?」

犬に対する話し方とえらい違いだ。
だが、問題は、そーいうことではない。

「行くってどこへ?」
「会社に決まってんでしょ!」
「土曜だよ。休みだよ。」
「だって昨日、お弁当食べなかったからって、事務所に置いてきてるんでしょ!。だから金曜日じゃない!」
「うん?弁当置いてきたのと、曜日とどんな関係がある?」
「知らないわよ、そんなこと。バカなこと言ってないで、早く行きないさいよ。金曜日よ!」
「だから、今日は土曜日だって!」
「そんなわけないじゃない!だってだから、びーばーとお散歩行こうねって話してたのよ!」
「散歩と曜日とどういう関係だ?」
「あなたが、会社に行ったら、びーばーとたのしくお茶するの。早く行ってよ!」
「いや、だから土曜日だって。」
「え〜?何言ってんの?おかしくなっちゃったの?」
「カレンダー見てみ。12日は、サタデーのSって書いてあるよ。」
「え?」

妻が、テレビのリモコンを取り出して、テレビに向かった。チャンネルを変えるわけでもなく、テレビのニュースを凝視している。

「あ、もう、7度もある。あったかいね。」
曜日はどうなった?

「今日は、やっぱり金曜日だって!」「あたし絶対に自信あるもん!」
でも、カレンダーは、Sとなってるぞ。

「おかしーよ。あなた!」

しょうがないから、ちょうど立ち上がっていたPCのカレンダーを見せてやった。

「あーホントウだ!」「じゃーちょっと、今日はパレードじゃない!」「何時から?あたし知らないよ。」「ちょっと、すぐ調べてよ。あたし、シャワー浴びてくるから」

ばかをこいてはいけない。
こんなホットな話題をブログに載せずして、パレードの時間など調べてられるか!

ということで、書き終えた。

うん?そういえば、昨日の夜、妻は言っていたぞ。
「ねーねー明日のパレード用にね、クローバーのシールを沢山買ってきたんだ。びーばーに貼っちゃおうね。」「楽しみだねー。今年は、暖かいといいねー。」

しばらく触らぬ神に祟りなしでいこう。
posted by ニャー皇太子 at 00:25| デンバー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

エイズ:感染者と患者、最多の13人−−札幌市対策推進協

エイズ:感染者と患者、最多の13人−−札幌市対策推進協
 札幌市エイズ対策推進協議会が8日同市中央区の市保健所で開かれ、今年度新たに市に届け出があったエイズ患者、HIV感染者は計13人と過去最多だったことが明らかになった。

 患者7人、感染者6人で、全員が男性だった。感染経路別では、同性間の性的接触が8人と最多で、異性間が4人、その他・不明が1人。累計の患者、感染者数は67人で、増加傾向に歯止めはかかっていない。

 市は「若年層、同性愛者などへの啓発に積極的に取り組みたい」としている。03年度に報告された患者、感染者計9人もすべて男性だったため、出席した医療関係者は「女性感染者の掘り起こしを進めるべきだ」と指摘した。
【大谷津統一】

(毎日新聞2005年3月9日北海道版から)



人間ってアホだなぁって思うところがあります。
「薬害エイズ問題」は、大騒ぎになりましたね。厚生労働省も、科学者も、われわれ国民のことをなんだと思っていやがんだ!こんちくしょう!
裁判も長く行われましたね。

で、結果がこれなんですよ。

「エイズは怖いから罹りたくない。それにはどうするか?」っていう問題の本質が、すっかり抜け落ちてるんじゃないかなぁと。政府と御用学者を叩いて、なんだか終わったような気分になってるんじゃない?!

アホだなぁ。

posted by ニャー皇太子 at 09:10| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

破壊しない犬

うちの犬はうちに来て2年半たつが、その間の破壊したもの(おもちゃは除外)はと、ふと考えてみた。

わたしのラップトップのコンセント・ケーブル1本。

う〜ん。あとは思い浮かばないなぁ。
ラブの血を受け継いでいるはずなのに、そういう意味では大人しい子犬時代だったし、いまでも全然いたづらをしない。
猫にバカにされるが、かといって頭にきて猫に噛み付いてぶっ殺そうということもない。いじめられたら、いじめられっぱなしでどよーんと落ち込むだけだ。

じつは、今も自分のベッドで、いまにも自殺せんばかりに落ち込んでいる。

やってしまったのだ。

うちの玄関には、鉄で出来たオブジェを置く棚が置いてある。いや、あった。そしてそこには、妻が友人からもらったサボテンをアレンジした鉢植え、豚のウェルカムボード、キャンドルスタント、水の代わりにビー玉をいれた金魚鉢がおいてある。いやあった。

夕食を終わらせたあと、犬と「捕って来い」で遊ぼうということになり、支度をしているときだった。

外に行ける!というオーラを察知した犬は、ハッスルハッスルでせまい玄関部分で、わたしの周りをグルグル回り始めた。息遣いなんか、「おっさん、年甲斐もなく、そんな本みて興奮すんなよぉ」って感じのオヤジの息遣いモード。

そして、靴を履いて、さぁ、リード装着!と思ったときにそれは起きてしまった。
回転の勢いがあまって、犬はその鉄のオブジェに体当たりしてしまった。

走馬灯のように、その棚は妻の大事なオブジェをともなって豪快に倒れこんだ。

がっしゃーーーン!

金魚鉢は粉々で砕け散り、サボテン鉢も。サボテン鉢に入っていた砂は、一瞬にして砂場を作った。砕け散った金魚鉢は、キラキラを破片を輝かしていた。

「あ〜〜〜!!!!!」

犬は一瞬で半分生気を失い、妻は半分理性を失った。


ということでいま、犬は最愛の人間にこっぴどく怒られ、地獄の底で丸くなっている。怒られた理由は理解していないだろうが、とにかく怒られたので、気持ち悪さに悩んでいる。


posted by ニャー皇太子 at 12:17| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

ゴキブリ

ゴキブリがアレルゲンになっていたという研究があるそうです。
Journal of Allergy and Clinical Immunologyの3月号に発表された研究では、都市部の子どもの喘息の悪化因子としては、ダニやペットのアレルゲンよりゴキブリアレルゲンが最も大きな因子であった。5才から10才の中程度から重症の喘息患者937人の皮膚感受性試験を行った。この研究はより大規模な都市部喘息研究の一部である。

食品安全情報ブログ
より。

南部の都市に住んでいた時、小鳥用の餌をベランダにつるしていました。
毎朝、チュんチュんっていう小鳥のさえずりと共に目覚めようと、ロマンチな作戦だった。

が、しかーし。

あつまったのは、黒光りするゴキブーリ、3匹。
悪寒を感じながら家にあった殺虫剤を取り出して来て一網打尽にしてやった。こういうとき、この国の殺虫剤の容赦のない効き目は頼もしい。肥満体の国民を想定して薬の強さを決めてるだろうから、東洋人の体には相当悪いだろうなぁ。

ともかく!

小鳥作戦を台無しにしたどころか、ついには、アレルゲンとして確認されるとなると、ほんっとに訳に立たん昆虫じゃな!
posted by ニャー皇太子 at 12:58| デンバー ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

マッサージ屋の技

ようやく春一番が吹いて、春の匂いと生暖かさやってきたぁ。
なんだかやけに腹も空く。
しかし、そんな感傷にひたっているのもつかの間。妻と犬が騒ぎだすのでドッグランへGO!

わたしは、ドッグランにやってくると、やるまい!と心に誓っていることがある。

マッサージである。

自慢ではないが、動物殺しのマッサージを得とくしている。国家試験があるわけでも、免許があるわけでもないが、とにかく得とくしているのである。
ちなみに、動物の範疇には人間も入る。だから、それに薄々気がついている妻は、その特権をフルに使っている。アダルチックな話ではなくて、足裏から始まる下半身のリンパマッサージのことだ。けっこう、疲れるんだよなぁ。

さて、犬だ。

うちの犬は、マザー牧場で羊に混ざったら違いが分かるまい、というくらいに、せっせ、せっせと草を食べる。それが、彼女にとってのドッグランの楽しいすごし方なので、しょうがない。放っておく。

わたしはというと、他の犬のバカさ加減を観察して楽しんでいる。それだけで済んでいるうちはいいのだが、そのうちやっぱり触りたくなってくる。
ダウンタウンの小高い丘の上にあるドッグランなので、薄汚れた犬はいないし、純血のシャイニングな犬が一杯だからだ。

ここで、誘惑に負けてしゃがみこもうものなら大変。人懐っこい犬ばかりなので、犬の目線まで視線を落とした人間がいると、とりあえず識別するために臭いを嗅ぎにやってくるのである。

犬がやってきたらしょうがないから、手を差し出して臭いをかがせてやる。
そのまま、その手で耳の下裏あたりをゴシゴシやってやる。
機嫌のいい犬はこれだけで、顔をあげて猫のようになる。

もっと手を伸ばして肩甲骨をゴシゴシやってやる。そうすると、まずほとんどの犬は身もだえはじめてしまう。そして、もっともっととばかり、クルッと方向をかえて、わたしに背中をむけてグイグイ体を押し付けてくるのである。


あーーー。また、やってしまった。
目の前には、しろラブ。
マッサージ始めて5秒とたってないけど、すでに腹を出して横たわっている。

こんど金とったろかぁ?

posted by ニャー皇太子 at 13:37| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。