2005年11月20日

CTU 古文

チャウチ!

生春巻きに包まれたい気分の、ニャー教授です。

百人一首が真似をしたという百匹一首。さらにその源流である、百一匹一首の第一句のお勉強です。

IMGP2746.jpg

ブリブリブリィ!
大事に大事に育てたイボを、勝手に取るってどういうこと?
おかげで毛皮まで台無しになっちゃったじゃないの!
キィーーーーー!!!

<元歌>
秋の田の かりほの庵(いほ)の とまあらみ    
わが衣手は露にぬれつつ

天智天皇

posted by ニャー at 02:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニャー様、夜更かしクマです。
毛は伸びましたか?
「うらめしや〜」のポーズが、
今のご気分を表しておられるようです。
Posted by チーズくま at 2005年11月20日 02:19
リバティ天皇のウタですね。
いぼ取ってもらって良かったですね。
ご自慢の毛皮は復活されましたか?
バービーちゃんの寝床を占領しちゃメーでしゅよ〜!
※リバビーさんはニャー皇帝激LOVEですね。
Posted by ハシ at 2005年11月20日 20:43
ニャーさま。お久しぶりですね。
そろそろ新しい毛皮も出来上がってるんじゃないですか?
もう二度と大事な毛皮に傷が入らないように気をつけてくださいね。
Posted by さち at 2005年11月20日 22:51
くまちゃんえ;
さすが、ニャー一族の気持ちを読ませたら関西一のソムリエさんね!
Posted by ニャー園長 at 2005年11月20日 23:40
ハシちゃんえ
そーねー、だんだんと生えてきたわ。
遺伝的に避けられないゲーハーとは違うからね。余裕よ、余裕。
Posted by ニャー校長 at 2005年11月20日 23:43
さっちゃんえ;
ブンブン毛が生えてるわよ!
傷口の跡からも生やしてみせるわよ!
ところで、傷はなおるけど、機嫌がいいと目が寄っちゃって寄っちゃって・・・。ちょっと恥ずかしいの・・・。
Posted by ニャー学長 at 2005年11月20日 23:46
猫の手の 刈り毛の裏の 届かじや    
わが肉球はベロでぬれつつ…

解説。(痒いところに手が届かないときはこうしてクネクネ、マイヤヒるのよ、という歌ですた…)

Posted by 三毛猫ミッキー at 2005年11月21日 01:27
ミッキーえ
頭、いいじゃない、あなた?!
なかなか、上手い歌詠みね。
Posted by ニャー委員長 at 2005年11月21日 11:11
遺伝的に避けられないゲーハー!!!
そ、それは!!!!!!
みなまで言わずとも分かるずらね?
ズラといえば欠陥マンション設計をされたお方もズラリストずらね?
ぼしろー生息地にもズラさんが設計したオテルがあるずら〜!
Posted by よっぺー at 2005年11月26日 18:55
欠陥マンションもズラリスト・・・なにもかも、偽造なのね。
手術の傷跡からまで毛を生やせるニャーには、とんと分からない世界ね。
Posted by ニャー増毛 at 2005年11月27日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。