2005年10月10日

コンプライアンス

 コンプライアンス、コンプライアンス、あー、コンプライアンス。
 英語にするのは、やめい!しかも、コンプライアンスを徹底するために、取引先の要件に一部上場とか縛ったり。

 とあるベンチャー企業が、顧客企業が突然設けたコンプライアンス規制のために、取引が停止を言い渡された。もちろん、そのベンチャーは何一つやましいこともしていない。グレーなこともしていない。しかし、顧客企業の方が問題を起したので、自浄作業の一つとしてコンプライアンスを強化し、そしてその割を食ってしまった。
 
 過剰規制や過剰な社内規制によって一方的な損害が発生する、このようなケースのために救済措置はないもんなんですかね。


shower

やっぱし、オイラも洗われちゃったっしよ。

posted by ニャー皇太子 at 10:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上場企業の方が不祥事を隠している確率が高かったりして。

びーばーさん、眼が助けを求めていますね…。
Posted by チーズくま at 2005年10月10日 18:58
ぶっふぉー!ふがふが!
チーズくまさんのコメントを受けて…
そうじゃディスクロージャーじゃ。
ワシは取引先の管理職の風俗狂い(出会い系含む)を根ほり葉ほり聞きだしてて、
それを盾に戦っておる。ちゅうか仲良くさせてもらっとる。
ワシの情報戦とはこういうもんじゃ。
リバピーよ、商売ちゃあもともとアコギなものぞよ。
ぶっふぉー!ふがふが!
Posted by 伊藤マレ at 2005年10月11日 00:02
そのベンチャーさんかわいそう・・・。
でも取引解消要件の規約とか、なかったのかしら…
まあ、ああいうものはあっても大手側に都合よくできてるものですけどね…

人間関係も企業関係も蜜月の間に条件提示はしておくものかもですね。

コンプライアンス。これを言い訳にする側にとってはあまりにも広義で便利な言葉ですねえ。

おっところで
泣くなびーばー!
(女の子なのにオイラとかいわれちゃってるしぃ〜笑)
Posted by naipi at 2005年10月11日 05:43
伊藤マレさん

フガフガ、情報戦、がってん。
それがですね、どうも度重なるその情報戦で戦ったうえに起きたので憤ってましたんです、その社長さん。
Posted by リバビー at 2005年10月11日 06:23
べ、べ、べ、ヴェネチアによく出るパンタガーナ(でかいねずみ)かと思ったでしっ。
そそそそそれから、こ、この美脚は???
Posted by saicuccio at 2005年10月11日 06:31
naipiさん

 そのようです。あまりに便利なんで、この単語で、自社の倫理までもしっかりしてるようにアピールしちゃうもんで、おかしな話きわまりない。

 婚約しているときに、離婚の条件をつめておくと仲良くいけるなんて話を聞いたことあります。でも、なかなかできないですよねぇ。

Posted by リバビー at 2005年10月11日 06:40
saicuccioさん

 ちょっと待ってください。こんなでかいネズミがいるんですかい!??!!!
それも良く出る??!!??!!

 見たいっ!!!見たいです。

 生足はわたしの足です。美しくないね。
Posted by リバビー at 2005年10月11日 07:02
チーズくまさん

 未だにキュンキュン鳴きながらシャワーを浴びる犬です。
 写真は、まだ4−5ヶ月くらいのときのものです。
Posted by リバビー at 2005年10月11日 07:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7940544

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。