2004年09月25日

松井(秀)

そういえば、2週間くらい前に、ニューヨーカーの松井(秀)が来たので見に行った。

この田舎でも、ヤンキース戦となるとかなり人気なので、外野席でも開いてたら、ビール呑みついでに行くかと、サイトでチケットをチェック。

当日の開始3時間前だってのに、バックネット裏が開いてるじゃん!
速攻、妻に電話して飯を中止。チケットを注文して、スタンドへGo!

スタンドに着いた。
いるいる、田舎者たちが。どっからこんなに集まって来やがるんだ?ってみんな思ってるのだろう。

さて、席についてバックネット裏という優越感に浸ってると、となりに、ヤンキースグッズで身なりを揃えた兄ちゃんが、やって着た。スピードガンまで持って、かなりのおタクか?
おもむろに、スコアカードまで出してきた。やはり、ヤンキースおタクだ!
うーむぅ。勇気だけは認めてやろう。
だいたい、この田舎チームは、イチローの記録阻止のためためなら、顔面狙って、ビーンボールを投げつけるチームだぞ!せいぜい、気をつけな。

さて、周りに目をやると、どうも、洗練されたお洋服を着てる方が多い。明らかに、いつもは感じない「品」というオーラが出ている。オネーサンもキレイに見える。

気がつくと、オタク兄さんの逆となりには、ドーラン塗りたくった初老のおじさんが、奥さんとにこやかに座っている。周りのカッペは、その爺さんをゆび指して何か、話している。
むむ?芸能人か?
どうせ東洋人の観光客としか思われてない!恥じはかき捨てとばかり、そーっと顔を覗き込む。
見覚えはある顔だが、さっぱり分からん。

ま、いいか。
ピーナツを買って、ビール片手に観戦開始。

なに!
おタクの兄さんが、サインを出してるぞ!
妄想癖まで、、、、かわいそうに。
いや、ちがう!
ヤンキースの選手と、手話で会話をしてやがる!
もう、周りの人達は、口々にスパイ呼ばわりだ。
が、私はそのスコアカードが欲しくてたまらない。妻に色仕掛けでゲットしてくれと頼むが、聞き入れてもらえず。残念。欲しかったなぁ。

田舎の父親に電話をした。案の定、NHKで観戦中であった。
バックネット裏にいるから、注意してみてくれと伝えた。でも、2列くらい前までしか映ってないらしい。

酔いが周ったころに、ノリノリの田舎チームは、12本ヒットを打つ。自動的に、観客は、ドーナツをゲット!

やはりバックネット裏のドラマはすごい。
しかし、ヤンキース以外のバックネット裏は、外野席とそうは変わらないのだろう。

ちなみに、松井は、あわや本塁打性の2塁打を、1と3打席目で打った。が、試合は、4ー17でヤンキースの負け。
文字とおり、ヤンキーゴーホームで終わった。
posted by ニャー皇太子 at 23:19| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/670510

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。