2005年09月02日

ニューオリンズ と ニューヨーク

 シカゴの大学を出て、MITで勉強に勤しみ、MBAから始まって4つの博士号などをおさめた投資家が会社に来ていた。来週には、ニューヨークで移植手術用の薬の件で仕事があるから戻るんだとさらりと近況報告。毎度のことながら、人の話は聞いてくれないんだけど。こっちも、彼の論点はつかめたことがなく、ヘラヘラと聞き流すだけだけど。彼は、投資家ではなく投資家につるんでキャピタルゲインを楽しむ投機家であることはヒシヒシと伝わってくる。


 さていま、FOX、CNN、名だたるメディアはニューオリンズから生中継をし、ショッキングな言葉を引き出そうと必死。すでに週末の特番まで宣伝を初めている。名付けてAMERICA’S CHALLENGE。

 生放送のなかで、FEMA(という災害時の復興を取りまとめる政府機関)のチーフは、怒りを抑えて淡々と近況を報告し、ニューオリンズで繰り返される、強奪、レイプ、シューティングに対して徹底して「制裁」を与えると表明してます。秩序を取り戻すように努力するというより、暗に発見次第射殺も辞さないということでしょう。実際捕まえたところで、収容する設備も、食わせる食糧もない。捕まえる時間ももったいないという現実の前では、どさくさに紛れてやりたいことをやった代償はそれなりだ、ということでしょう。

 非常事態宣言が出されてる地域は、ニューオリンズを中心に東西500マイル、南北200マイルのほぼ長方形の地域です。つまり東西900km、南北320kmという範囲です。
 これだけ被害の拾いので、1万人だとか2万人という兵が投入されるといいますが、中心地のニューオリンズにはやっと30人の追加の兵隊がたどり着く予定だ、というのが現実です。治安なんかあるわけなく、本能の赴くまま力のある人間がやりたい放題です。

 (アラバマのとある町でガソリンが無くなったというニュースが、いま流れました。)

 また、被害者が集まっているドームでも、レイプやシューティングが起きてるということです。3日間、水も食べ物もないという人がたむろしている様子が流れています。
 ドームのとある入り口には、白い布に包まれた死体が転がっています。体力のない人が路上で死んでいっているそうですが、片付ける人もなく、やはり転がっているのだそうです。
 
 衛生状態が極限に達してきているそうで、伝染病の発生の心配がされています。水も電気もない巨大な街です。食べなくても出るものは出るので、衛生状態がどんななのか簡単に想像がつきます。気温は35度を連日越えています。

 まるで、先進国じゃない。自由を突き進めた国はほんとに災害に弱い。武力という圧倒的な力でしか人を統率できない。それが届くまでは、さかりのついた動物園状態だ。
 ハリケーンをむかえるにあたって非難命令がだされていたわけだが、自由を謳歌してその代償に貧富の差を拡大させていたアメリカでは、その貧困層は逃げられなかった。逃げるところがないし金もないから。だったら一か八か残ってやり過ごそう、ってなもんだったんだろう。しかしニュースのキャスターは盛んに、「どうして逃げなかった?」と現地の人に言っている。ニューヨークでガンボを食ってるような奴にいわれたくないだろうなぁ。「自家用機で飛んできてミネラル水でも落としていけ、この野郎!」ってのが本音だろうなぁ。

 知人ご夫婦はどうやら大丈夫そうということが判明したからいいものの、しかし、なんだ、やっぱり1万人とか2万人とか、空母が出たとか、、、、現地にまったく影響ない。どうして、ミシシッピ川を使ってガンガン物資を送らないんだろう???



 史上最悪の災害の一つだとか、予算がいくらだとか、特番が華々しく宣伝されてるが、災害が完全にブランドになってる。災害者が美しく映し出されてる。

 あ〜、やっぱりニューヨークにいる奴の考えはさっぱり分からん。


1.jpg

posted by ニャー皇太子 at 12:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>被害者が集まっているドームでも、レイプやシューティングが起きてる
>>白い布に包まれた死体が転がっています

大国アメリカの現状とは到底思えない光景です。
日本も(特に東京)たびたびの災害に遭遇しているにもかかわらず特別な措置を用意しているとは思えませんので、他人事では終わらせられません。
死を目の前につきつけられるとやはり人間もただの動物に化してしまうのですね。
それこそが人間の本性なのでしょうか。
Posted by フィジカルプランナー社長 at 2005年09月02日 16:29
ほんとに。
現地に入った売れっ子キャスターも口々に、アメリカじゃない!って叫んでますよ。

しかしアメリカは、法という箱が壊れるともともと弱いんじゃないかなぁと。道徳とか倫理とか、そんなのがとても希薄ですから。
その点、まだしばらくは日本は大丈夫ですよ。たぶん。
Posted by リバビー at 2005年09月03日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

米国南部のハリケーン被害 拡大 貧困層を直撃 〜天災から競争社会を考える〜
Excerpt: ハリケーンで略奪激化 米南部、貧困層に不満 【ニューヨーク31日共同】超大型ハリケーン「カトリーナ」上陸に伴い、約48万人の市民の大半が市外に脱出した米南部ルイジアナ州ニューオーリンズで、市内に残っ..
Weblog: 西訪旅遊 〜プーケット・ピピ島情報〜
Tracked: 2005-09-02 12:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。