2004年09月11日

別れ話

クシシシシ。

人の不幸は、蜜の味ぃぃ。

弟子の犬からの報告よ。

今日も、飯炊き子は犬といっしょに、犬の欲求不満解消にコーヒー屋に行ったわけよ。

そしたら、あんた!
信じられる?
やってんのよ、公衆の面前で、ワカレバナシを!!!
しかも延々と2時間近くも!!!

「もうおしまいなの!」
「・・・・・・」
「こんな関係、もうやってらんないわ!」
「・・・・・・」

男はずっと無言だったらしいわ。

でもね。

その強気な女(以下ブス)は、こともあろうに、そのワカレバナシの前に、ニャーの弟子に向かって、「犬がくるような店じゃないはずよ」って、通りすがりにしかもそっぽを向いて聞こえるように言い放ったらしいのよ!

ニャーの爪が短くて命びろいしたわね、このブゥス!

さて、飯炊き子がマッサージ屋にこの話をしたのよ。マッサージ屋はだてにゲーハーを進めてないわね。すべてを分析して、「・・・・・・」のところを見事に埋めたのよ。

女「もうおしまいなの!」
男「(待ってましたぁ!その台詞。長かったぁ。あと少しの辛抱だ。)」
女「こんな関係、もうやってらんないわ!」
男「(じゃーもういいじゃねーか。帰りてぇ。コーヒーお代わり自由だっけ、ここ?)」

要するには「カワレバナシ」じゃなくて、「アナタバカネ」だったわけよ。

キャハハハ!!!
posted by ニャー皇太子 at 08:33| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。