2005年06月28日

星を見るとき

産経新聞によると、NASAが彗星の中を覗こうとしているらしい。

 ・・・・大まかなシナリオとしては、最大でサッカー場規模のクレーターができ、そこから内部の氷が解けて構成物質が噴出する−と考えられる。

 その通りになれば、噴き出した物質が太陽の光を受けて彗星が明るさを増し、衝突から数時間後の様子を日本で観測することもできる・・・


NASAのサイトはこちら↓
http://deepimpact.jpl.nasa.gov/home/index.html


さぁさぁ、うまく作戦通りいって、彗星の中からは何か出てくるでしょうっか?


posted by ニャー皇太子 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(2) | 人間-理数系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい。構想じゃなくてマジもうすぐ履行される実験なんですね。
彗星の中には銅がまず含まれてはいないってことも初めて知りました。
アメリカしゃん、いつもこういうことにお金かけてくれてありがとうでし♪
日本は…税金の使い方、下手ですよねえ…たまにH2ロケットとか発射しても滅多に成功しないし…。
早く彗星の氷が飛び散る様子を見たいです。
Posted by naipi at 2005年06月29日 00:56
>たまにH2ロケットとか発射しても滅多に成功しないし…。

ナイスですねぇ、この一文。
ほんとですよね、ビシッと見せてほしい。

彗星計画、うまくいくといいですね。
Posted by リバビー at 2005年06月29日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4686756

この記事へのトラックバック

NASA「ディープ・インパクト」計画成功!
Excerpt: 独立記念日の現地時間4日午前1時50分過ぎ(日本時間同日午後2時50分過ぎ)NASAは、地球から発射した彗星探索機「ディープ・インパクト」を、地球から約1億3000万キロの距離にあるテンペル第1彗星の..
Weblog: ネットカルチャー概論
Tracked: 2005-07-06 11:42


Excerpt: 星を見る星を見る (ほしをみる) ことは天文学とは別の世界である。天体観望とも言う。それは、「火山学」と「火山を見ること」が違うようなものである。火山を見て楽しむのに火山学を知る必要がないように、星を..
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 04:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。