2005年05月28日

今日は日帰り出張。

朝4時起きで、片道3時間のドライブを経て、ポテンシャル客人と商談1つ。それから一時間ドライブで、別件で商談を一つ。そして、一気に家まで4時間強のドライブで帰ってきた。到着は午後4時。
東名高速だと、東京から名古屋を往復したことになる。

さて、こんだけ道程があると、退屈な高速道路でもドラマを垣間見ることがある。
今日みたのは、車に轢かれて死んだ鹿を沿道に片付ける警官。パンクしたタイヤを直すのを手伝う警官。最後は、側道を悠々とあるく亀・・・いったい、なんてとこに住んでるだ?


ところで最近、韓国、中国の人を意見交換をすることがあったのだが、なんともスマートでかつ、熱いこと。
ひるがえって、日本人の方々は、コミットメントが薄く、他力本願な発言が多い。
また日本人の一言に多いのは「アメリカ人はいい加減だから・・・」という一言。まったくそれには同意なのだが、そういえない方々も多くなってきているような感じがするのは、自分のせいなんだろうか?
しかし、自分にも足りない部分は沢山あるわけで、補うために行動していかなきゃならない。


RunnerGoods.jpg

写真はわたしのジョグ・ツール。猫はこころの栄養補給にからかうにもってこいだ。
posted by ニャー皇太子 at 13:53| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁあ、おつかれさまでございます。
私も名古屋まで日帰りしたことありますよ、車で。鹿も亀も出なかったけど。

ところで中国人・韓国人は目的達成意識が強いので、結構その場で言い切ってしまうところはありますよね。事実はあとから作るもの…みたいな。

一方日本人は「自分は賛成、でもまだみんなの意見を聞かないとな」みたいなところがある。マネージャークラスでも。

「あの一件、だめになりました」って言うのが怖いので、慎重になっちゃうのでしょう。

一方大陸組は、けっこう結果報告をほったらかしにしたりするの平気だし、まただめになっても「あっ、あれ、ポシャったから」なんて言う事をそんなに苦にしない。

だからこっちも、あっ、そういうもんか、そうよね、なんてあっさり忘れてしまうのだが、日本人は他人をがっかりさせる事を極端に嫌う。

「今般は甚だお手数をお掛けしたにもかかわらず…」などと詫び状みたいのまで来たりする。

もっと勢いが欲しいですよね。日本人ビジネスマン。ポシャっても独断でもその場はいーじゃん、仕事なんだから勢いないとうまくいくものもだめになるよ、…って感じですかねぇ…
Posted by naipi at 2005年05月29日 01:30
naipiさん

過去、一番すごい韓国人の方は、とある物品について韓国が年間に輸入する量よりも多い数量を毎年輸入している!と豪語されていた方でした。

ま、そういう奇特な方は別格としても、そうなんですよねー。それがわたしには、責任転嫁 に写るんですよね。
結局、「聞いてきます」のリレーになって何も産まない。

責任を果たすことが仕事になってるんでしょうかねぇ。しょせん人間なんで、ミスなく責任をまっとうしうる!ということがあり得ないし、ミスったってだれも殺しに来るわけじゃないのに。

Posted by リバビー at 2005年05月29日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3964380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。