2005年04月15日

農薬農薬

おとなり韓国。

農薬管理拡大で食品の安全管理企図
 
食品医薬品安全庁は347種の農薬について基準を設定して運営してきたが、今回24種の農薬が新たに加わったため合計371種になった。

外国では、日本が229種、Codex 154種、EU 158種、アメリカ520種の農薬基準を設定している。

今回の農薬残留基準改定は新規登録農薬や農産物など新たに203件の基準値を設定及び改定しており、2005年4月8日付告示、2005年6月1日施行となっている。


注目なのは、日本にくらべ外国は基準を設定してる農薬の数が多いってこと。
で、日本のいまの法律は、この229の農薬以外は食品のあってはならないモノ、ということになってます。あってはいけないものなんです。
でも、これだけ輸入にたよってる国なので、「世界では使われているし、体に害がないこともわかっている」「でも、あったら罰ゲーム=なんでも回収だぁ!」となるケースが多くなるわけです。

コンプライアンスの精神っていいますが、法律が役に立っていないのに順守するというのは、何、なんでしょうね。
posted by ニャー皇太子 at 11:33| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-理数系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2973023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。