2005年03月25日

北海道、独走!!!

北海道、遺伝子組み換え作物栽培規制条例を可決
牛の耳標偽装事件の元家畜商、履歴管理法は無罪

北海道の立法と司法、突っ走ってますな!うーん、行政面のネタがなかったけど、推して知るべし、で、しょう。

「国民を守るため、道を守るため、お上は完璧でなければならないのだ!」
という声が聞こえてきそうな勢いを感じます。

いやー、そんな無理しないで。
人間がやることなんて、しょせん、こういうことが起きてしまうのが前提ですよ。
US launches probe into sales of unapproved transgenic corn
どんな考え抜かれた管理方法だと思っていても、ポカがあるんですから。
何が何でもお上に責任を追求されたって、お上だってカバーしきれません。余裕をもって、あとは自由にってことも、あり、でしょう。
できっこないカバーを規制でしなければいけない理由って、ポスト創りだったり、過剰サービスだったり、、、金かかってしょうがないじゃない。

人情的には北海道のようは島一つだけ特異になっても、それは善しだと思うよ。でもね、規制では絶対に期待される効果はでません。だって所詮、人間がやることだから。それは分かったうえで強烈条例なりなんなり作ってもらいたいもんですね。

「販売促進として!」という部分を条令なんかにちょろっと入れれば、それで済むんです。

ここからここまでは普通に規制します。人体や環境への悪影響ないように。
追加的に(オプション的に)さらにそこからそこまでも一応規制しちゃいます。でも、「差別化、販売促進」のためにですから。。。という感じです。

消費者にとっても分かりやすいでしょ。誤解もされない。啓蒙にもなる。



でもでも、裁判の無罪の理由、完璧におかしいね、これは。こんな前例許したらあかんよ。性善説でしか成り立たないルールを真っ向から裏切った行為ですからねぇ。

北海道の独走は、蛇行の独走、と思うのですよ。農家への将来のつけが、最小限で済むことを祈るばかりですわ。



何書いてるかよう分からんくなった。サブジェクトが多すぎ。
posted by ニャー皇太子 at 11:44| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2591160

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。