2005年03月22日

バクテリアで、くっつけろ!

Bacteria act as glue in nanomachines

24のジャックバウワーこと、キーファー・サザーランドの父親も、なんとかサザーランドという有名(らしい)役者さんだ。その方の代表映画というと、VIRUS。宇宙からやってきたウィルスが、コンピューターを乗っ取って人間を次々に血祭りにあげるという映画だ。その中で、サザーランドの父は、変態船長を演じている。ウィルスに自らの体を提供して、ウィルスの意思と、機械の体と、人間のエネルギー供給体という訳に分からんモノになる役を演じています。

今日のNATUREの記事は、それを連想させる技術のはなしです。
生化学、電子工学、に興味のある人はがんばって読んでみましょう。

どういう話かというと・・・電池が一つ、豆電球が一つ、スイッチが一つ。これをつなげると、懐中電灯ができますね。
で、そのスイッチの部分にバクテリアを使うことが出来るという話です。

で、スイッチ代わりに使われるバクテリアは好きに選べるというのがミソです。
たとえば、テロで有名になったタンソ菌をスイッチ代わりにデザインした懐中電灯を作ったとしましょう。スイッチに部分にタンソ菌がくっつくと、スイッチがONとなって、豆電球が点灯するという仕組みです。だから、大腸菌や、ビフィズス菌でも、豆電球はつきません。・・・・つまりこれは、タンソ菌発見器を作ったと同じことなんです。
白い粉がついた怪しい封筒があるとします。タンソ菌かもしれないから調べたい。そういうときに、この懐中電灯をもってきて、スイッチ部分を白い粉に付けてみます。タンソ菌だったら電気がつきます。が、それ以外だったら付きません。・・・簡単に、あっと言う間に検査ができますね。

まぁ、そういうような応用がきく技術だということらしいです。

また、炭素原子をきれいにならべて創ったチューブを、電子回路のある特定の場所に正確にくっつけたい!というときにも威力を発揮する可能性のある技術だそうです。これは、ハンダの代わりにバクテリアを使おうってことですね。
とっても小さい回路ができるわけです。

まぁ、そういうことです。
posted by ニャー皇太子 at 09:46| デンバー ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 人間-理数系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リバビーさん、いつもどうもです。

いやー…私は難しい話が苦手です。。
うわーっってなっちゃうんですね。(;´▽`A``

ただ、いつもお世話になっているリバビーさんが
書いた文章なのでね。頑張って読んでみました。
英語は、全然だめなので、まず本記事です。

読んでいるうちにやっぱ読める文章が
書けてすごいなと思いました。
私のような感情的な文章ではなくて、
何と言うか理知的な香りがするというか…。
やっぱり、勉強になりますね。

内容は、応用が効いて面白いというお話ですね。
…読んだんですが、懐中電灯の仕組みで
精一杯でした。また何度も読んでみたいです。

右に何と「Now is lived.」の文字が!!
びっくらしました。私もリバビーさんの文章が
読みたいので、マイブログリストに登録します。

海外にお住まいなんですね。
デンバーですかね。
私は聞いたことあるような・・程度ですね。
うちのライターのたかこは、海外にとても
興味があります。ぜひ何か教えてくれたら
幸いですね。私も海外のことが知りたいですし。

ま、何と言っても、リバビーさんのことが
知りたいわけですけどね。(*^ー^*)

トラバを何個か貼りますね。
生物系といえば、うちでは「ティン」
「カシカシさん」という方が
大学で生物を専攻しています。

長々といつもすいません。
では、これからもよろしくどうぞです。
Posted by strife at 2005年03月22日 13:29
なるほど。DNAが単純な生物であるほどタンパクの特質が安定しているから、そこを媒介する前提を一定に設定した電流を流したとき、物質を特定できるわけですね。
原文を見ると反応する設定値を「罠」と表現していますが、つまり罠にバクテリアが落ちた時を「反応ポイント」に設定できるわけですね。
よく気が付いたもんですね。

Posted by naipi at 2005年03月23日 00:05
strifeさん どうもどうも。
本記事の内容は、わたしも分かってないので、あまりつっこまんでください。

海外ですか・・・海外にいると日本がよく見渡せます。でも、ラーメンがないのが一番きついです。いい麺がない。あ、作ればいいか。

ともかく、これからもよろしくです。
Posted by リバビー at 2005年03月23日 10:41
むむぅ、バクテリアによって、伝導率がちがうということなんすかね・・・
しかし、勝手に体中に電気を流されるバクテリアも大変ですな。
Posted by リバビー at 2005年03月23日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

認識しても実感していない
Excerpt: ティンの記事です。
Weblog: Now is lived.
Tracked: 2005-03-22 13:31

記事を書くことと、コメント
Excerpt: こんにちは、カシカシです。 私は記事をかくより コメントを書くほうが断然多いというダメ総長ですが 今日はみなさんの動きが鈍いようなので 重い腰をよっこらせとあげてみます(笑) あんま..
Weblog: Now is lived.
Tracked: 2005-03-22 13:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。