2005年01月31日

Corn

Super Size Meを送り出した会社が提供する「Corn」だ!

いやー、すごいです。

まず不倫の子供からはじまり、種子会社の極秘のGMOのテスト栽培に続き、そのGMOによる環境汚染によって新種の雑草が生まれ、それを食べたヒツジに異変が、、、ヒツジが超狂暴になる。
ところが、羊毛の収穫量がふえ農家は大喜び。でも、どうやらそのヒツジのお肉をたべた妊婦はのきなみ流産をする。
そして、それに気が付いた種子会社は一晩で実験農場を更地にかえ、流産した妊婦は金?で和解させる。
この危険をひとりで訴え続けた女の子は、スーパーなどから訴えられ敗訴する。しまいには、親とおもっていたのは実の父親ではないと分かり、もうボロボロ。
そして最期は、キャリーの世界。赤いペンキを混ぜた石油をヒツジの畜舎ぶちまけ、放火。
そして彼女は深い夜の道を、車をすっ飛ばして行く。

「みんなは信じないけど、私は知っている。私が見た事は全部ほんとうってことを。」
「わたしの体が訴えることに忠実になることが大事よ。だって、わたしの体はわたしが一番しってるんだもん。」
臨月を迎えた彼女はひたすら疾走するのである、、、


感想は一言。

「あ、そう(オレンジデイズの柴崎コウ風)」である。

それにしても、放火されたヒツジが悲惨だ。あれではラムの丸焼き、、、「あー!サッポロビール園に行きてー!」

posted by ニャー皇太子 at 00:52| デンバー 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですかぁ...
となると疾走する最後の場面のBGMは
その昔竹の子族も踊ったという
”ジン♪ジン♪ジンギスカ〜ン♪♪”
ってやつですかねぇ?! (笑)
Posted by Keelah at 2005年01月31日 09:48
座布団、3枚!
Posted by リバビー at 2005年02月01日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。