2004年12月27日

クラウン、無しよ。

PRICE CHOPPERという恐ろしい名前のスーパーに入り口に、張り紙が出ていた。いまは、6時45分だ。

「今日の営業は、6時まで。
明日クリスマスはお休み。
26日の開店は、8時からです。
ハッピーホリデー!」

聞いてねぇーよ。
だいたい、この張り紙、閉店5分前くらいに、広告の裏に書いたんじゃねーのか?

ぜったいに、そうに決まっている。
めちゃめちゃ、ショボイ張り紙である。
今年は、西海岸では、スーパー従業員の労働組合がストをして多くの店が閉店を余儀なくなれたということがあった。だからきっと保守的な当地でも、突然決まったに違いない!

などと分析してみても、元の木阿弥。
せっかく予約した、ポークのクラウンカットのピックアップが出来ない!
こんな感じのお肉が、ほんとなら、今、この手の中にうずくまっているはずなのに↓
crown

が、しゃーない。

それに周りをみれば、「OOOも、ウォルマートも6時で閉店なのよ!どうすのよ!」と、怒りまくっている白人おばさんが数名。
こういう風に先にブチ切れられると、残された人はずーんと冷めるもので、お陰でいたって冷静でいられた。

さぁーてどうすっか。
最悪、トライティップはもう一個あるから、肉はなんとかなるが、やっぱりぶーちゃんを食いたい。
とりあえず駄目もとで、○○○スーパーと、ウォルマートに行って、、、、


けっきょく、30分後、妻とわたしはステーキレストランに座っていた。スーパーはどこも開いていなかった。
とにかく、妻になにかを食わせなければならなかった。人間、腹が減っては思考ができないからだ。

ふと、日本に思いをはせた。

最近は正月からスーパーが開いている。開いていなかったら、おとそに酔った人間に「客をなんだとおもってる!」と怒鳴られんばかりだ。
でも年に一回くらい、経済がまったくシャットダウンする数日があった方がいいような気がする。
少なくともうちは、しょうもない経験をつんだので、日本がそういう風にもどっても準備を整えられるから自信があるから平気だ。

posted by ニャー皇太子 at 04:48| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1405732

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。