2006年01月24日

マネーゲームのおしまいに。

 億単位のお金は、簡単に人を変えてしまうようです。

 市場を欺いた罪は重いとおっしゃった議員さんがいらっしゃいました。賛否両論あるでしょうが、たしかに市場は知らず知らずに性善説のうえに成り立ってるし、ゲームの理論ですら、やっぱり性善説が前提だと思うし。だから善意で市場に参加している人たちを騙したってことは、ほんとに罪深い。
 しまいには、弁護士の忠告を実践してなのでしょうが、最後の最後まで「知らぬ存ぜぬ」しか通せない幼稚性は、社会人からみて、とても見苦しく映る。

 彼がやっていたことは、20−30年も前のマネーゲームのリバイバルしかなかったけど、マスコミの寵児となっていた時分には、その幼稚性は次世代の経営者像なんて勘違いされて報道されていた。
 数十年も前にすでに倫理的に市場から排除された行動パターンは、やっぱり今日の日本でも受け入れられなかった。それに日本の法も、そうそう遅れているというわけではなさそうです。それらが分かったことが、この事件の最大で唯一の成果だと、わたし個人には思える。
 
B_invest.jpg
posted by ニャー皇太子 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

基本的に性善説です
Excerpt:  他人を不幸にしたり、迷惑をかけたりしたくないと、普通は思いますよね。 でもよく考えてみると、他人に少しも迷惑をかけずに、人は生きていけるの でしょうか? 私についていえば、迷惑かけたり、かけられたり..
Weblog: 自分探しの心の旅
Tracked: 2006-02-17 12:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。