2005年12月26日

ナチュラル・チキンブロスで炊いたご飯を使った、オレンジとレーズンとドライ・シェリー酒の混ぜご飯をスタッフィングした、ナチュラル・ポークのクラウン(王冠)ローストポーク。

welcomesanta_liberty2.jpg


 サンタを待つのにくたびれた猫は、人のベッドを占領して朝から朝寝。

 そんな動物をよそ目に、久々に「焼き」を行った。引越しやらなんやらで、日付の感覚が完全に麻痺していたので、クリスマスに気づいたのは一週間前。そしていつものWhole Foods Marketで、ポークのクラウンカットを注文した。
 
pork1.jpg


 今回の「焼き」は、とても簡単。ホールフーズですでに王冠に仕立てられたロースに、塩とコショウをちょっと多目にまぶして、325度にあらかじめ暖めたのオーブンに突っ込むだけ。お肉の中心が160度になったら出来上がり。これだけ。
 シーソルトは、その塩だけを舐める分には風味が深くて旨いのだが、焼き物に使うと味がボケる。今日は特に、塩とコショウだけの味付けなので、ちょっとガツンッとした塩っぽさが欲しいので、妻のとっておきの岩塩を勝手に拝借した。


 今回は、詰め物(スタッフィング)を作らなければいけない。といっても、これも簡単。ご飯(3カップ)を水じゃなくてチキンブロスで炊く。
 で、次のイングレを用意し、玉ねぎのみじん切りをバターで柔らかくなるまで炒め、そこにイングレを混ぜ、ひと煮立ちさせる。で、できた物をご飯に混ぜるだけ。

1 cup chopped onion
1 tablespoon butter or margarine
2 teaspoons salt
1 teaspoon dried thyme
1/2 cup raisins
1/2 cup orange juice
1/4 cup dry sherry


 こうしてできたスタッフィングは、肉が仕上がる(中心が160度になる)15分くらい前に肉をオーブンから取り出して、その中心にギュッと詰め込んで再びオーブンに戻す。そして、15分後に完成!となる。

 完成したローストポークは、オレンジのピールをまぶし、オレンジをガロニとして並べてサーブする。

xmasdinner2005_1.jpg


 Crown Roast of Pork With Rice d'Orangeの出来上がり。

 フルーツとお肉が実は良く合うというのは肉食文化の産物だが、このコンビネーションの旨さが分かると、自分の持つ味の視野がとても広がってくる。今回スタッフィングに使ったオレンジ・ライスも実に巧妙に、アッサリ塩味のローストポークとマッチしていたと思う。オレンジ・ライス自体も結構、オツであった。

 
posted by ニャー皇太子 at 14:15| Comment(12) | TrackBack(2) | 人間-ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってました!
黄金色で、本当に王冠みたいですね。
自宅で、こんなお料理が食べられるなんてっ☆
いつも、「ユキティさんの旦那様は幸せですね」なんて、コメントしていますが、
ご夫婦ともに、お幸せですね〜。
本当に、一切れおすそわけ頂きたいです。
Posted by チーズくま at 2005年12月26日 16:57
クリスマスデイナー、待ってました!!
うーん、やっぱり豪華で
しかもしっかりおいしそうなごちそうですね。
いわゆる男の料理とはかけ離れてます。

肉も切り分け方やサーブの仕方で
印象が全く変わるものですね。
お見事です。
クリスマスってこういうものなんですねえ。
自分のクリスマスと比べると
温かみとぬくもりを感じます。
いつかは、きっと・・・。
(リバテイの寝姿って、すごくぬくぬく気持ちよさそうですよね。いつも。)
Posted by フィジカルプランナー社長 at 2005年12月26日 18:22
うわあああ。おいしそうだ。
日本ではなかなかこういうポークを仕入れることができません。それにこういうポークのお料理のしたかを、みんな結構知りませんよね。
カントクのお料理は、タイトルだけでお買い物に行けちゃいそうで、便利ですね。
でも覚えきれないのよね。

脱皮後のニャー様ものびのびと、幸せそうなクリスマスで…

連日無理矢理の食べすぎで、あたくし本人も胃痛でお医者様にかかりたいとこですが、まずは青猫のイボ取りに昨日病院にいきました。
…が、あれ?あれれれれ?診察台で「ここ…」と言おうとしたら、
ないない、イボがない。

なんかやっぱりタダの脂肪だったようで、流れてしまったみたいです。
ご心配かけました…

青猫、だんだんリバティに似てきます。
悪そうな目つき、そっくです。

Posted by naipi at 2005年12月27日 07:39
奥様も凄いけど旦那様も凄い!
僕の思いっきりアバウトな残り物料理とはエライ違い。
肉とフルーツの取り合わせって
やっぱり食文化の違いですか、まだ日本には浸透してませんね。
お正月には恒例のチャーシューと煮玉子を作ろうかと思っています。
Posted by さとし at 2005年12月27日 12:27
むふん♪
奥様の所に行って「おっ!」(題はどーかな?)と怖いもの見たさで来てみました〜(笑)
毎度美味しそうですぅ。
今度は圧力鍋で煮込み料理ですね♪♪
Posted by みほ at 2005年12月27日 22:08
お見事ですねぇ(エラそう?)。黄色いご飯が色鮮やかで素敵です。これ食べるときにご飯崩れません?崩れても問題無いでしょうけど、なんか気になる…
お引越しとお仕事で急がしそうですけど、期待した以上でした。
次はお正月♪
Posted by さち at 2005年12月27日 23:00
チーズくまさん。

どうもありがとうございます。宅急便で遅れれば、数切れお送りしてご意見を聞きたいところです。
Posted by わたくし at 2005年12月28日 13:20
フィジカルプランナー社長さん。

うおぉ!
お褒めにあずかり光栄です。
社長の料理も繊細で旨そうですよ!

この猫の増毛力だけは立派です。たしかにふわふわしてて絨毯にしたくなるときがありますね。
Posted by わたくし at 2005年12月28日 13:25
naipiさん

忙しそうですね!また、パタリッと倒れないように気をつけてください。(食ってるから大丈夫か?!)

BJのしこり、よかったですね!まあ、その脂肪がエネルギーとなってますます元気になっていくことでしょう!
Posted by わたくーし at 2005年12月28日 13:28
さとしさん。

さとしさんの煮玉子とチャーシュー、食いてー!
やはり、生まれ育った味に反応する、反応具合が違います。
あー食いてー!(しかもできれば、なんか、夜中に食いたいっすね。)

Posted by わたくっし at 2005年12月28日 13:31
みほさん。

3行のお題になれずに残念です。また次回、がんばります。

に、に、煮込みっすか・・・・
Posted by わたくしくし at 2005年12月28日 13:33
さちさん。

ありがとうございます。
ご飯は、崩れるんですよ、やはり。ふと思ったけど、おにぎりにしたらいいかもしれませんね!
うーん正月かぁ。何が出来るかなぁ。また考えますです。
Posted by わたし at 2005年12月28日 13:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ちょっとジンマシンが出てるから、甲殻類はさけてチキンパエリアと新鮮ニジマスのフレッシュレモンとエベレスト岩塩のグリル姿焼き
Excerpt: スペインのサイト(Euro Resident)のレシピを使ってみる。 Ingredients (4-6 people): * 600 grams rice (short grain) * Ha..
Weblog: Extreme Thinking Machine
Tracked: 2006-02-27 01:02

レッドペッパーを散りばめた、ナチュラルビーフと、ナチュラルポークのベーコンと脂身で作る、オリジナル合い挽きハンバーグステーキ。
Excerpt:  計画通り、ハンバーグステーキを焼いた。  もちろんマイ・ミンサーを手に入れて!その勇士は、こちらのギャラリーページから!    ミンサーには、2つのプレートが付いていて、??..
Weblog: Extreme Thinking Machine
Tracked: 2006-03-06 11:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。