2005年12月26日

ナチュラル・チキンブロスで炊いたご飯を使った、オレンジとレーズンとドライ・シェリー酒の混ぜご飯をスタッフィングした、ナチュラル・ポークのクラウン(王冠)ローストポーク。

welcomesanta_liberty2.jpg


 サンタを待つのにくたびれた猫は、人のベッドを占領して朝から朝寝。

 そんな動物をよそ目に、久々に「焼き」を行った。引越しやらなんやらで、日付の感覚が完全に麻痺していたので、クリスマスに気づいたのは一週間前。そしていつものWhole Foods Marketで、ポークのクラウンカットを注文した。
 
pork1.jpg


 今回の「焼き」は、とても簡単。ホールフーズですでに王冠に仕立てられたロースに、塩とコショウをちょっと多目にまぶして、325度にあらかじめ暖めたのオーブンに突っ込むだけ。お肉の中心が160度になったら出来上がり。これだけ。
 シーソルトは、その塩だけを舐める分には風味が深くて旨いのだが、焼き物に使うと味がボケる。今日は特に、塩とコショウだけの味付けなので、ちょっとガツンッとした塩っぽさが欲しいので、妻のとっておきの岩塩を勝手に拝借した。


 今回は、詰め物(スタッフィング)を作らなければいけない。といっても、これも簡単。ご飯(3カップ)を水じゃなくてチキンブロスで炊く。
 で、次のイングレを用意し、玉ねぎのみじん切りをバターで柔らかくなるまで炒め、そこにイングレを混ぜ、ひと煮立ちさせる。で、できた物をご飯に混ぜるだけ。

1 cup chopped onion
1 tablespoon butter or margarine
2 teaspoons salt
1 teaspoon dried thyme
1/2 cup raisins
1/2 cup orange juice
1/4 cup dry sherry


 こうしてできたスタッフィングは、肉が仕上がる(中心が160度になる)15分くらい前に肉をオーブンから取り出して、その中心にギュッと詰め込んで再びオーブンに戻す。そして、15分後に完成!となる。

 完成したローストポークは、オレンジのピールをまぶし、オレンジをガロニとして並べてサーブする。

xmasdinner2005_1.jpg


 Crown Roast of Pork With Rice d'Orangeの出来上がり。

 フルーツとお肉が実は良く合うというのは肉食文化の産物だが、このコンビネーションの旨さが分かると、自分の持つ味の視野がとても広がってくる。今回スタッフィングに使ったオレンジ・ライスも実に巧妙に、アッサリ塩味のローストポークとマッチしていたと思う。オレンジ・ライス自体も結構、オツであった。

 
posted by ニャー皇太子 at 14:15| Comment(12) | TrackBack(2) | 人間-ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。