2005年06月29日

マツダ・ユーノス・ロードスター Vスペック

ダークグリーンに、やや浅めのタンの内装の、Vスペック。しかもロードスター一代目。

なんだか、ピーンと思い出した。そんな車にも乗ってたんだっけ。ちょっとだけ。

1600ccで、たった120馬力くらいだったっけ?!
でもビンビンよく回るエンジンに1tonを切る重量のおかげで、1,2速でレッドゾーンまで回せば、ポルシェターボのおケツにも簡単に食いついていけたっけ。
そして、ほんの気持ちだけフロントヘビーのほとんど前後50:50の重量バランスのおかげで、曲がりたいように、ヒラリ、ヒラリって曲がってくれたっけ。でもちょっとだけ後ろタイヤに粘り気がなくて、情けなく跳ねるようなクセがあったたので、ちょっとスピードを維持したまま曲がる時は、神経つかった。
ブレーキもちょっとやわかったっけかな?!いや、平均的だったけど、加速、曲がるがあまりに楽しかったから、欲張りになっていたかも。
あと、好きだったのは、シフトの感覚。コクッ、コクッ、ってはまっていく。しかも、ストロークがとても短いので、ほとんど指の動きだけで操作する感じ。

オープンは、都会では拷問だったかな。くさい、汚れる(とくに、鼻の穴が・・・)。
でも、春や秋の早朝や晩。ちょっと寒いくらいの時にヒーターガンガンで走ると、もはや車じゃなかった。走るエアージャグジー。

ロードスターは、2代目になって運転する楽しさは、全く無くなってしまったっけ。Vスペックを手放した後、2代目がデビューした。ちょっと検討しようかなぁ、なんて思っって試乗したのだけど、数百メートル走ってその気はすぐになくなった。

いまのロードスターは、何代目なんだろう?
また、楽しい車になったのかな?
posted by ニャー皇太子 at 12:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 人間-お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

星を見るとき

産経新聞によると、NASAが彗星の中を覗こうとしているらしい。

 ・・・・大まかなシナリオとしては、最大でサッカー場規模のクレーターができ、そこから内部の氷が解けて構成物質が噴出する−と考えられる。

 その通りになれば、噴き出した物質が太陽の光を受けて彗星が明るさを増し、衝突から数時間後の様子を日本で観測することもできる・・・


NASAのサイトはこちら↓
http://deepimpact.jpl.nasa.gov/home/index.html


さぁさぁ、うまく作戦通りいって、彗星の中からは何か出てくるでしょうっか?


posted by ニャー皇太子 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(2) | 人間-理数系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

信じる方法、という新しいビジネスモデル。

 アメリカのカード決済の管理会社から、カード情報(氏名、カード番号、カードの期限)が盗まれていたという事件が騒がしい。
 特殊なソフトが、管理会社のデータベースに接続されたソフトに忍び込まれていて、この3つのデータだけが外部に流れていたという。とりあえず犯人は、内部の人間で、ことによると数人のグループだろうなぁと予想。さぁ、どうなる?!


 さて、今回の事件の問題は、カードが本当にその所有者のものかを証明することが、じつは究極的には不可能というところにあります。そこを突いて詐欺が発生するわけです。そしてその詐欺を実行するために、カードの一部の情報を盗むという方法を犯人は選らんだのです。

 たとえば、わたしがアメックスを手にして、それをあなたに見せたとします。あなたは、そのアメックスがわたしの物だと無条件に信じるでしょう。

 どうして、あなたは信じたのでしょう?
 あなた自身が、自分の目で見たからです。

 でも、それって、よーく考えると、わたしのカードだっていう証拠でしょうか? 
 ベタなところだと、同姓同名の人のカードを手に入れて、わたしがあなたに見せていたとすると、どうでしょう?

 私が手に持ってあなたに見せたことと、テレビ画面に情報だけを映し出して「わたしのカードにはこういう情報があります」とあなたに見せたとき、その違いはどこにありますか?
 たとえば、ホテルなどのFrequent Customer Databaseでは、カード情報を保管しています。あなたが、予約をするたびにカードで支払いをするかどうか確認をしてきます。そして、そのデータベースのカード番号を誰かが書き換えても、その間違ったカードはあなたのものだと認識され続けることになります。

 また、「あなたが見た」という事は、第3者にとっては意味がないことです。わたしがアメックスを持っていることは、あなたは現物を見たから信じているけども、第3者からしたら、ちょっと疑わしい部分が残るはずです。しかし、本来「わたしが所有するアメックス」という事実は、あなたにとっても第3者にとっても、同じ事実でなければいけませんよね? だけど、現物を見たあなた以外の人にとっては、あなたが信じたほど、信じられない事実なのです。

 まとめるとつまり、わたしが「このカードは、わたしのモノです!」と主張しても、じつは、あなた以外の他人=第3者に証明する方法って存在しないんです。

 とはいえ、最終的にはどの第3者にも「あなたのモノだ」ということを信じてもらうしかないです。だから、信じる方法ってのを考えました。信じるって事は、感情、雰囲気、名声などに支配されている感覚的だけなものではなくて、じつは確率も、かなりの部分を支配していると思うのです。

 つまり、信じることは確率が高いか低いかという話に、転化できると思うのです。たとえば、「これは、俺のカードだ!」という人に対して、わたしは90%の確率であなたのモノであろう、と認識するという考え方です。たとえ転化できなくとも、確率の部分をはっきりをさせることにより、感覚的に信じることに起因する事故を軽減させることができると思うのです。

 そうなると、第3者がなんらかの基準によってチェックし、何%という数字で信じるレベルを示して、皆が判断を下すことができるようになるはずです。基準を構成する要素はいろいろあるでしょうが、地位や名声という思い込みの要素はランクが低い要素でしょうし、「状況」はランクが高い要素となるでしょう。
 実際のカードを見せながら、「わたしのものよ!」と言ったばあい確率は高いですね。でも、画面で見た情報だけを指差して、「わたしのものよ!」と言ったばあいは、確率は低いですね。また、いつも嘘ばっかり言ってる人がカードを見せながら「おらっちのもんや」といっても、ちょっと確率は低いですよね。

 さて、今回の事件はは、この低い確率でしか信じられない事を、まるで高い確率で信じられる事のように扱っている、現在の社会システムの欠点を突いた問題と言い換えられます。ですので、この方法で評価をしていけば、案外と低い確率でしか信じられないはずの部分が、高く評価されているような実態が浮き出てくるはずです。そしてそこには、まだまだ詐欺が横行する素地があるわけです。
 
 たとえば、「オレオレ詐欺」もこの方法で説明がつくように思います。
 またこの評価システムをもってすれば、個人情報保護法などにかかる情報の保管方法を細かく評価するのにとても有効なはずです。
 そしていったん、この方法で評価をしてもらい高い確率で信じる事ができるとなったシステムは、ISOかなにかで認証し実行責任をはっきりさせておくことにより、安全性と安心感の醸造に相乗効果をもたらすはずです。
 なぜかというと、定量的に信じる事を示せることは、消費者にたいして圧倒的な安心感を与えるはずだからです。つまり、マーケティング上、圧倒的なアドバンテージを握ることができます。また、導入したはいいけど、未だに意味がわからない認証システムの実行に、モチベーションが下がってシステムが自己破綻寸前のところも多いでしょう。そんな行き詰ったシステムに、意味をはっきりと提示しシステムを運用させ続けるモチベーションを与える効果もあります。これが、安全と安心醸造の相乗効果です。

 さて、、、なんらかの基準と照らし合わせてチェックをする機関でも、しょせんは人間が決めたルールを人間か機械が実行するだけなので、100%絶対に信じられる結果を出せるとは、到底考えられません。だから「わたしのものよ!」ということを第3者に証明する方法は、この方法をベースにしたチェック機関を幾重に重ねたとしても、100%絶対に言うことは不可能です、、、という類の批判は必ずでます。

 しかしやっぱり、確かさが何よりも上になることは間違いありません。そもそもそれが狙いですし。
 また、消費者保護の立場からしたら、究極的に有効な安心対策は、何らかの保険による救済策だけです。
 よって、この方法で評価を得てかつ、管理システムを導入し、とどめに保険でカバーすることで絶対の安心が提供できます。大事な点は、この方法で評価を受けていることで、同じカバーに対して安い保険料率を期待することができます。

 信じる方法(信用・信頼評価システム)のビジネスモデルが、いっちょ出来上がりです。
posted by ニャー皇太子 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

大リーグ

こ〜んにちわあ。びーばーでっしぃ!

び、び、びーばーは大リーグになるっし!
だ、だ、だ、だから、い、い、今は走りこんで手足を鍛えてるでしから、ご主人様といつもいっしょに走るっしよ!

だい、だ、だ、だい、大リーグになったら毎日、アイスクリームを食べていいでしから、がんばるっしよ!
イチローさんや、ゴ、ゴ、ゴジラさんも、もうお友達でしから大好きでっし!きゅ、きゅ、球場の芝も早く食べたいでっしぃ!

あとね、ル、ル、ルールをこれからご主人さんから教えてもらうっしよぉ。

クゥ、楽しみでしねぇ、大リーグぅ!


Bob_mate.jpg
posted by びーばー at 13:53| Comment(6) | TrackBack(1) | 犬の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひまな時の頭の中身。

 車のオイル交換でディーラーに来ている。40−50分かかるってことなんで、20分足して一時間は時間をつぶさなくちゃいけないなぁと待合室に。
 どうしたもんかなぁと、ソファーに腰掛けると、ワイヤレス環境が出来てるってんで、早速つなげてブログに来てみている次第。
 
 VERIZONワイヤレスだかなんだかが、スターバックスと提携してワイヤレス環境を売っているけど、空港やホテルなんかでもインターネット環境はもはや無料。しかもこの田舎でさえ。きっとVERIZONのこの事業は、いき詰まってるだろうなぁ・・・。

 アメリカも携帯電話キャリヤー業界の淘汰が激しくなり、ようやく携帯機器のインターネット接続も一般化してきた。しかし、この国は自国産以外のモノの普及は、たいがい5年は遅れるなぁとつくづく思う。世界でインターナショナル化が進んでいない国の、じつは筆頭ではなかろうかと揶揄してしまう。

 あー、そういえばまだ飯くってない。腹減った。

 おっと、妻がMUSIC バトンなるものを伝播してたっけ。ちょっと覗いてみよう。

 うーむぅ、あと40分もある。

 暇な時間に、自分がなにを考えているか列挙しようと思ったが、もういき詰まった。思ってることをツラツラと書くというのは難しいものだ。

 そういえば、妻が豚肉の簡単ハムを作ってる。今日はこれからまた一泊出張だけど、明日には出来るはず。たのしみ。ハムには、今回はぜーたくにロース肉をチョイス。こっちのロース肉は脂肪を削り取ってしまってるのでトンカツにすると旨くない。トンカツには、1cmくらい、コテーっと乗っていると旨い。ヒレ肉のトンカツは、ちょっとのどに詰まるカンジがして、個人的には箸を伸ばさないなぁ。

 あー、そういえば、今夜とまるホテルのベッド、最悪なんだよなぁ。まともに眠れたためしが無いってくらい、なんだか相性がわるい。悪いことに、昨夜は、犬っころが夜中中、ゲーゲーと空ゲロをしてくれたので非常に眠れていない。一体全体、あれはなんだったんだ?腹の減りすぎか?

 来月早々に狂犬病注射、うれしはずかし第2回をしなくちゃいかんなぁ。

 うーん、まださっきから10分しか経過しとらん。

 飽きたので、これにて。


posted by ニャー皇太子 at 02:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

チャレンジコミュニティーBiz

ヨコハマ経済新聞によれば、横浜市は「コミュニティビジネス」に100万円の助成金を出すんだそうな!ほ、ほう。



今朝、会社の駐車場に車をいれようとすると、なんだか知らんがやけに車が停まっている。

「あれ?寝坊したっけ?」

と不思議におもいつつも空き地を探してやっと駐車。そうすると、見たことのない車から降りてくる怪しげな男女が、なんだか知らんが会社に向かって歩き出した。

「なんだ、こんにゃろ、怪しいやつらだ・・・」

なんて思った瞬間、思い出した。「今日は、いい格好してこい」って言われてたんだ!
怪しい男女は、会ったこたないが、エライさんだっ!

時すでに遅し。肌触りは最高によいのだがヨレたポロシャツが急激に重く感じられた。

一時間後、会議室に呼ばれてちょっとだけ質疑応答。わたしのwordingはそうそう初対面のネイティブには通じないので、しどろもどろ。弱いなぁ、自分。

ということで、チャンスは掴むものだという事と、準備は常にしておかなきゃいけん、という成功のための反面教師のお話でした。


Herb.jpg


posted by ニャー皇太子 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

倫理と法

 「りんり、りんり、と夜も眠れず。」という風刺を教えてくれた方がいらっしゃいます。それまでは、倫理なんてものをそれほど意識したことが無かったので、とても新鮮な印象をもって受け止めたのを覚えている。

 さて、その風刺に至った話題とは全く関係ないのだけれども、実際世の中いろいろなニュースなんかを眺めていると、この風刺とおり「倫理倫理と〜」というのがドンピシャな話が目白押しだ。そんなに深刻な問題でなければ、小学校の道徳か何かの授業で反面教師的に使えそうな話だってある。

 ・・・大の大人が、こんなにいっぱい違法問題を起すってのはどういうことだろう?
 そんな風に思ったら、なんだかムヤムヤと気持ち悪い。なんだか正攻法で行くのがバカらしくなる腹立たしさ。同じ社会って土俵で働いてるものとして情けない。好き好んでやってるわけでもないだろうに、という同情と虚無感。そんなものがこみ上げてくる。なにか、すっきりしない。




 そこで、斑目教授のウェブサイトをのぞいていたら、なんだかすっきり。

 まずは、「倫理は法を補完するものであるといえる。」(2.倫理と法 より)だそうだ。

 法律違反を犯した時点で、その人や法人はもちろん罰せられるべき。それは当たり前なんだけども、そして一方で、違反を犯したということは、倫理感もダメダメであることの証明でもあるともいえる。罰を受けてそれでオシマイにはならないってことだ。倫理的も変わらないとならないってことだ。なんだか、とても納得できる。

 ところで、その倫理観の是正の現れが、コンプライアンスってことなんでしょうが・・・、そんなの新聞に載るようの規模や注目度のある企業でないと、真正面から取り組めないでしょう。それに、端から法の順守をそれほど考えずにすすむ団体もあるわけなので、倫理の話は終わりはなさそう。
 また、違法を犯した人も、立場によっては「そりゃしゃーないなぁー」という状況をかかえてることもあるでしょう。

 同教授は続けてこんな説明もされています。「もっと激しいことをいうなら、法律を含め決まりに従うことが常に倫理的に正しいとは限らない。 法律に欠陥があるときは、法律に反しても適切な行動をとるべきである。ただしそれにより生じる法的責任は自分でとらねばならない」と。

 違反をしてしまった人や企業。彼らは、彼らの倫理観に基づいて適切な行動と判断した結果、違反せざるを得なかったのだろうか。
 「周りのみんなもやっているから・・・」「流れにのらないと商売にならないから・・・」「業界の商習で・・・」「食うためには仕方なく・・・」「関係企業から脅されて・・・」聞こえてきそうな理由ってのは、あらかたこんな事でしょうか。




 なんだかやっぱり、新聞なんかで見るニュースは、あまりほめられたものんじゃになさそうだ。

 



bob_pe.jpg
posted by ニャー皇太子 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

銀座のフンドシ

読売新聞によると、今年の父の日のプレゼントは、フンドシ!
しかも、この現象は、銀座の話だそうだ!

ほ、ほぉ。
posted by ニャー皇太子 at 12:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

ミャイケル・ジャクソン

ニャーが踊りを教えてやったの。


Lib_Dance.gif
posted by ニャー at 11:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ニャーはロシア皇帝

いま思い出したんだけどさ、ニャーはロシアで皇帝やってたわ。
そのくらい、ニャーはやっぱりえらいのよ。

だから、ニャーは歩いたり、はしったりする必要がないのよ。代わりに飯炊き子やマッサージ屋が走ってるわ。ニャーの下僕の犬っころを連れてね。ご苦労なことね。

ニャーは、酒盛りでもやって楽しく世界を治めるから、後はよろしくね。ウィ〜、ヒック!



Lib_hangOver.jpg
posted by ニャー at 03:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

カエル

日経の記事によると、びっくりドンキーはアメリカ産の食べ物を使わないのだそうだ、これから。

これじゃなんだか、こっちに住んでるってことは毒でも食わされてるってことかいな?

まぁ、そんなしょうもない嫌味を書いたところで意味はないんだけど、ちょっと、この会社のホームページを見るにつけてちょっと怒り心頭。

日本の農業は世界一農薬まみれで、わが社だけが安全だ!といわんばかり。農業なめとんのか!!!
しかも結果は、北米の食材を使わないと言うプレスリリース・・・。支離滅裂。

でも、こういう主張をされる方は、けっして支離滅裂とは思っていないんでしょうね。「消費者の安全」というマジック・ワードにその拠り所を見つけているので。でも、もはやこの言葉って、一種の密教でしか使われないような呪文ですよ。

そもそも、「消費者の立場に立った食の安全」なんていうスローガンは、リスク管理者のリスクヘッジの手法の一つでしかありませんよ。日本の場合は、監督省庁。それも分からず、マネして鵜呑みにして、マーケティングに使っちゃうんだから、始末が悪いです。
たとえば、こんな質問をしたらどうなんでしょうね。「あなたの会社で使用する油の原産国はどこなんでしょうね。搾油したところじゃないですよ。それから、あなた会社の(存在するようで存在しない)安全基準からしたら、その油の安全性はどこまで担保されるものなんでしょう?」ってね。日本の植物油の自給率は4%です。きっとこの質問だけで、このプレスリリースは瓦解するでしょう。

しかしこんな会社は、フランスでもアメリカでも、即、訴えられますよ。日本には、自立した生産者がいないから、こういう好き勝手が許されてるんでしょうねぇ。わるいことに北海道の会社じゃない?
北海道の生産者、なにをやってるの? どうしてやり返さない? 不買運動ってのがあるなら、不売運動したっていいんじゃない? この会社がわけの分からん基準で買わなくたって、買ってくれるところは山ほどあるんじゃない?

カエルだって井戸の中では外の海の広さを知りませんが、井戸の深さは良く知っています。それも分からんようなカエルは、なんだか、かわいくないなぁ。






God_Lib_Walk.jpg

題「神の通り道」
posted by ニャー皇太子 at 10:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

威厳のあるフォトグラピー その3






Lib1.JPGなに、じろじろ見てんだよっ
Lib3.JPGぁあ〜ん?モノマネやってみろだとぉ?
すっトボけんのもたいがいにしとけよぉ!
 
Lib2.JPG竹中直人だぁ。
シャルウィダンス?・・・なんちってぇ。











笑えよ、こんニャロー!
posted by ニャー at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

White Noise

 ネタにつきたら、映画ネタ!

 ということで、White Noise という映画です。日本でもやるのかな?やったのかな?
 ともかく、こういう映画ざんす。→ なぜかアップルのサイトに・・・

 幽霊となった人たちが、AVを駆使して現世に残した人にメッセージを伝えることがある。それに深入りするとどうなるのか・・・・という映画でした。

 それから、んー、幽霊にも悪い奴といい奴がいて、いい奴は霊感の強い人と交信して悪さをする奴から現世の人を守ったりしているのだそうだ。

 うーん、怖い。

 さて、ご先祖様の霊は、お盆に帰ってくるというのだけれども、いったいどこまで遡るんだろう、ご先祖様って?サルどころか、魚だったような時代にまで続くのだろうか?
 それに、そういう皆があの世では存在してるとしたら、、、あの世のは相当に膨大な大きさでないといけないよなぁ。
 だいたい、みんな地球に残ってるのだろうか?だって、宇宙のどこかにはもしかしたら地球人のような生物がいるかもしえないんでしょ?そこの幽霊はどうしてるんだろう?行き来はしてないのだろうか?

 そんな宇宙と幽霊の関係を考えたら、ふと、トムクルーズの次の映画を思い出した。宇宙人に地球が侵略される映画だ。昔の映画のリメイクだそうで。こいつは、とても見たい。

 

 さて今度は、仏教の輪廻の世界を考えてみる。今、人として生きているが、もしかしたら、今つぶした蚊やゴキブリが自分の前世だったかもしれない。ミジンコかもしれない。馬や犬かもしれない。はたまた、大腸菌だったかもしれない(仏陀のころに、細菌なんて知られて無かっただろうから、細菌も輪廻の中に入ってるのだろうか?)

 と、いうことは、姿かたちは変わるけれども生まれ変わり続けているということ。隣近所の子供も、親も、お年寄りもみんな。野良犬も、野良猫もみんながそうだ。

 と、いうことは、全体の生物の個体数って、変化しないことにならんかいな? 人数と椅子の数がマッチしている、椅子とりゲームみたいなもんではないかいな?
 だとしたら、人間の人口が増えるということは、何かの生物の個体は減り続けなければいけない・・・。ある種の生物が絶滅の危機なんてニュースは、結構見るよな気がする。仏教の先見性、おそるべし!

 な〜んちゃって、宗教を算数で斬ってみると、ちょっと面白かったりする。


 まてよ、クローンなんてどうする?
 これこそ、仏陀のときには、想いもよらない事象だったろうから・・・どうなんだろう? 仏教家は、クローンで個体を整復することには、やっぱり反対なのかなぁ?


posted by ニャー皇太子 at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

救世主ニャーの聖書

さぁさぁ、ブログなんてやってる暇があったら、ニャーが作ったインタラクテヴな聖書でも読んで人生の勉強をなさい。あ、ちなみにこの聖書は、ガウディ式にこれからどんどんコツコツと作られていく(かもしれない)からね。

さぁ、ここからスタートよ↓


あなたは、犬派です。

あなたは、ニャー派です。

posted by ニャー at 00:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

威厳のあるフォトグラピー コンテスト

Tora_Be.jpg


題「世界の中心へ」




PeeKappa.jpg


題「水に入れてふやかしてね」
posted by ニャー at 08:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。