2005年05月31日

野良しごと。

 貴重な3連休の最終日、仕事の同僚のお宅に顔を出してきた。
 
 彼の家には、ものすごく頭の切れるゴールデン・リトリーバーがいて、うちのビーバーともちゃんと遊んでくれるので飼い主バカとしては楽しい。だが、本日のメインイベントは違った。

 彼の家は、田舎の家らしく庭がひろい。
 どのくらい広いかというと、PASTUREを2つ用意して、馬を一頭飼うことが出来るほどに広い。もともと馬を飼うためにそんな土地を用意したのだそうだが、一ヶ月ほど前にいよいよ馬を購入したというので見に行ったのだ。(実際は、馬を見るどころか電気フェンス作りを手伝うことになり、馬をじっくりするところではなかったんだけど。)






 早い話、この馬 ↓


uma.jpg


 かっこえー。
 なんでも、後ろ左足のひざの部分だかに問題があるので、彼に引き取られたのだそうだ。

 とても人懐っこい馬なので、顔をなでてやるといつまでも、撫でろ撫でろと動かない。
 でも、かと思うと最初の挨拶は、ひとの指にいきなり食いつき! 草食動物の前歯といってもとても痛かった。しかし本気で怒ってもしょうがないので、軽くパンチをくれたうえに、将来もし立てなくなったら、わたしが馬刺しとして供養してやると脅しをしてみた。とまれ、人を小ばかにするきらいがあるようだ。

 ところでうちの犬は、馬でもなんでもお構いなしに、挑発をかける。この馬にももちろん。そしてうしろに回ってオシリの匂いを嗅ごうとし始めるのだからどうしようもない。しかし、犬があまりにしつこかったのか、最後には興奮して暴走をしていたっけ。後ろ足、大丈夫かな???とても不安。

 





 
posted by ニャー皇太子 at 10:08| デンバー ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。