2005年05月14日

RING さた子の戦い 番外編

ニャーよ。

よそのブログで、「きゃわいぃ!」なんてナンパな姿をでっち上げられてるから、ほんとのことをよーく教えてあげる。

さた子っていうオバケがいたのよ、ちょっと前。映画にも出ちゃってさぁ、生意気でしょ。知ってるでしょ?で、なんでか知らないけどニャーにとり付いたわけよ。

そのときの写真↓

Lib_Ring.jpg


で、うざったいから、味噌もしょう油も付けずにそのまま食っちゃた。

そしたら翌日、コロコロのウンチになって出てきたわ。「井戸にもどって体を洗いたぁーい。くさーい。」なんて言いながらね。キャハハハハハ!

でもその望みもむなしく、30分後には下僕の犬に食われてたっけ。

どういうことかって? ニャーのトイレはかつて、下僕の犬の朝のおやつ場だったのよ。キャハハハハハハ。
しかも飯炊き子が掃除をする直前に、決まりよく犬っころが食っちゃうもんだから、飯炊き子は「おかしい、おかしい。ずっと便秘だわ・・・」ってずぅっと心配してたっけ。

でもね、あまりに心配だからって、ある日マッサージ屋に相談したのよ。まったく余計なことを!
「ねーねー、ずっと便秘みたいだよ。」「ウンチしてくれないのぉ。便秘で死んじゃうかも?どうしよう???」

そしたらどうしたと思う? マッサージ屋は、綿棒を右手、ワセリンを左手に持って、目をキラキラさせながら近寄ってくるわけ。

「目がいってる!ヤバイ!」って思ったときには、遅かった。偏平足の足のうらで万力のようにカーペットに押さえつけられたの。

「今、楽にしてやるからなぁ〜・・・」なんて余計な事を口走りながら、綿棒にワセリン塗りたくって、ニャーのツーケーの穴に差し込んでくるのよ!!!

この変態!
猫ごろし!
ねこでなし!

もがき騒いでやっとの思いで、マッサージ屋の手から逃れたの、綿棒はつっとささったままで。
だから歩くたびに、綿棒がリズミカルに左右に揺れちゃうのよ!クイックイックイッって!
そういえば、それ見てマッサージ屋は腹筋がちぎれんばかりに爆笑してやがっったっけ。なんか思い出しムカムカしてきた。後で頭突きくらわしてやろうっと。

まぁ、とにかくそれがさた子の最後のすかしっ屁の呪いだったわけ。それっきり映画も作られてないでしょ?
さた子は翌日、犬っころのウンチとなって世の中に出てきたっけ。でもそのときはすっかりキレイな仏さんになっていたわ。
posted by ニャー at 11:05| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。