2005年03月15日

しゃべり方 入門講座:アメリカの大学編

Fightting Words 101

タイムの3月14日号の記事です。
アメリカの大学では、言論の自由を守るために、州知事、国会議員、教授、生徒を二分する議論が巻き起こっています。議論というよりも、すでに喧嘩の域が入っているようです。

一方の主張はこうです。ブッシュ政権の今の行動は、まるで2次大戦前のナチ党のようだ。人の話を聞かず、なんでも強引に突っ走るだけ。おかげで、そういう風潮が善となってしまい、たとえば教授が学生の前でブッシュの批判や、進化論を絶賛などしたものならトンでもない仕打ちを受けることもある。学生同士の間でもそうだ。こういう言論の自由を押しつぶすようなことのないように、法律を作って自由を守ろう!

かたや、↑こんな主張する奴らは、悪魔に魂を売った人間だ。華氏911のムーアなどいい典型だ。これは、国民を間違った方向に導く悪魔の仕業だ!そんなことが起きないように、正しい言論の自由が守らなければいけない。法律を作ろう!

去年の選挙戦は、社会人だけのものではありませんでした。共和党、民主党それぞれが、有名大学のサークルに多額の支援を行って、将来の党員の囲い込みと啓蒙を徹底的に行うという面もありました。
(ただ、世界的なアメリカ批判が高まったり、じつはブッシュ政権は一部嘘を並べていたことが分かった若しくは、限りなく疑わしいということが分かったので、共和党派生徒は、部分的に民主党のリベラルな主張を取り入れたネオ右翼派になる、という不思議な現象があったといいます。)

ともかく、至上最高の金がかかった選挙だったことは有名ですので、それを推して考えれば、こういう大学への資金の流入も半端なものではなかったのでしょう。だから、その資金の洗礼をうけた生徒も、徹底的に2つに分けられていることでしょう。

問題は、分かれるたことではなくて、分かれたうえに他人の言うことなんか聞く耳もたないという強固な壁を作り上げていることでしょうか。壁なんてなまやさしいものではなく、きっと要壁でしょう。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:15| デンバー ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 人間-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CTU その9

オーッホッホッホッホ!


久しぶりに骨のありそうなケダモノにめぐり合えたわ。
さぁ、葛西橋の幼稚園っていう誰にもわからん幼稚園を無事退学になった札付き極道!

甦るがいい!!!

totajiroID.jpg

どうじゃー!参ったかぁ!!!
このガンの飛ばし方、葛西橋のど根性、見たらんかぁーい!

さぁこれから、せ、せ、世、
世露、、、死ぬぅ、しむぅ、えーと、、、むらさきドッグに殴りこみよ。キャハハハハ!!!

おっとその前に、ニャーの化け猫お百度参りも、見たらんかぁーい!

ganTobashi.jpg
( Photo by (c)Tomo.Yun )

キャーーーッハッハッハッハァ!!!




ハッ、
ここは、大学だったわ。

ニャーとしたことが、取り乱したわ。失敬!
posted by ニャー at 11:13| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

お腹が痛い。

シクシク。シクシク。

びーばー、お、お、お腹痛いでしよ。

朝、暗いうちから気持ち悪くで、おぅぇ、おぅぇ、ってなったんでしから、ご主人様がやさしくしてくれたでしよ。

でもね、でもね、気持ち悪くて、ずーーっと、おぅぇってなったんでしから、ご主人様は眠れなくなっちゃったでしから、ごめんしゃい。

ででで、でもね、そ、それからね、お腹いたいでしたから、ご主人様はび、び、ビーバー用のおかゆも作ってくれたっし!フフン!

だから、なおっちゃったっしよぉ〜!

またお腹いたくなったら、作ってくれるかなぁ? クスクスクス・・・
posted by びーばー at 12:10| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CTU その8

転校生の紹介よ。

ニャーもいまいち、どんな生徒か分かってないのよ。勢いで転入させちゃったから。

さぁさぁ自己紹介さない!
滑ったら、もう二度と登場させないわよ、このブログには!


「ワタシ、名前、Bダマ、アルヨ。」
「見テノトオリ、アケッピロゲノ性格アルネ。モウ、透ケ透ケ。」
「頭モカラッポデショ?ッテ、ヨク言ワレルアルネ。」

BdamaID.jpg

posted by ニャー at 01:32| デンバー 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

スリランカの復興。

http://news.bbc.co.uk/go/click/rss/0.91/public/-/2/hi/business/4339839.stm
スリランカは、2007年まで借金の支払いを待ってほしい、のです。

第2次世界対戦が終わったとき、日本への補償要求を「憎しみは憎しみで断てない」という理由で破棄した国です。
大変なようです。

日本じゃニートを100万人も食わせてやってるわけですが、なんとかその金を分配できないもんですかね。

posted by ニャー皇太子 at 10:29| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CTU 音楽の授業

下僕の犬っころも、やっと歌をめでるようになったわ。

でもねぇ・・・


song11.jpg



song2.jpg



song3.jpg



song4.jpg

posted by ニャー at 08:47| デンバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻怒る。

あ〜、なんて今日は、ビューチフルな日なんだろう。

雲なんかひとっつもない、
風はそよそよ東から、
ベランダに出れば太陽の暖かさが肌をすり抜けていく。

妻は、犬に向かって一生懸命はなしかけている。
「今日は、あったかいから、パニャラ行ってコーヒータイムしようなぁ・・・」

が、突然、目を見開いて妻が立ち上がった。
「ちょっと!もう9時になるじゃない!」「行かないの?」

犬に対する話し方とえらい違いだ。
だが、問題は、そーいうことではない。

「行くってどこへ?」
「会社に決まってんでしょ!」
「土曜だよ。休みだよ。」
「だって昨日、お弁当食べなかったからって、事務所に置いてきてるんでしょ!。だから金曜日じゃない!」
「うん?弁当置いてきたのと、曜日とどんな関係がある?」
「知らないわよ、そんなこと。バカなこと言ってないで、早く行きないさいよ。金曜日よ!」
「だから、今日は土曜日だって!」
「そんなわけないじゃない!だってだから、びーばーとお散歩行こうねって話してたのよ!」
「散歩と曜日とどういう関係だ?」
「あなたが、会社に行ったら、びーばーとたのしくお茶するの。早く行ってよ!」
「いや、だから土曜日だって。」
「え〜?何言ってんの?おかしくなっちゃったの?」
「カレンダー見てみ。12日は、サタデーのSって書いてあるよ。」
「え?」

妻が、テレビのリモコンを取り出して、テレビに向かった。チャンネルを変えるわけでもなく、テレビのニュースを凝視している。

「あ、もう、7度もある。あったかいね。」
曜日はどうなった?

「今日は、やっぱり金曜日だって!」「あたし絶対に自信あるもん!」
でも、カレンダーは、Sとなってるぞ。

「おかしーよ。あなた!」

しょうがないから、ちょうど立ち上がっていたPCのカレンダーを見せてやった。

「あーホントウだ!」「じゃーちょっと、今日はパレードじゃない!」「何時から?あたし知らないよ。」「ちょっと、すぐ調べてよ。あたし、シャワー浴びてくるから」

ばかをこいてはいけない。
こんなホットな話題をブログに載せずして、パレードの時間など調べてられるか!

ということで、書き終えた。

うん?そういえば、昨日の夜、妻は言っていたぞ。
「ねーねー明日のパレード用にね、クローバーのシールを沢山買ってきたんだ。びーばーに貼っちゃおうね。」「楽しみだねー。今年は、暖かいといいねー。」

しばらく触らぬ神に祟りなしでいこう。
posted by ニャー皇太子 at 00:25| デンバー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

百害あって一理、ねーなー。

会社法案・合併対価の柔軟化、施行を1年凍結

@ 問題を1年先送りしてるだけ。これは何も解決しない。
A 問題は、世間知らずのボンが、世間知らずの権力にあおられて訳も分からず20年まえにアメリカにおいてですら淘汰された買収方法を実行したってことです。そして実行犯は日本人でしょ。一人はしかも元役人って・・・
B むしろそんな敵対TOBに関する経験と議論が先行している外資の方が、こんな愚行はやりません。はい。
C また副作用として、なんだかカッコイイこと実行してるぞライブ門、っていう勘違いを若者に刷り込んでしまった。
D この法案の施行延期はつまり、また資本の流動化が先送りってことにならん?

ふぉりえ社長のやってること、全部裏目。別の言い方すりゃ、言うこととやってることの結果がまったくめちゃくちゃ。後付けの見苦しい夢物語はもう止めてくれい。だいたいその夢物語がコンビニで立ち読みしたら、どこかに出てそうな程度の話でしかないし。もう何もするんじゃないよ、君は。

posted by ニャー皇太子 at 12:57| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリアと中国が急接近。

オーストラリアと中国がFTAに向けて前進!

日本にとって、オーストラリアはとても大切な食料倉庫です。
オーストラリアは昨年、アメリカとFTAを結んだことにつづき、中国との締結も着実に進んでいます。

まぁ、日本の分もちゃんと残しといてね。

posted by ニャー皇太子 at 10:02| デンバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子が助けた!

遺伝子が生まれつき免疫疾患えを持つ少年を救った!

ada-SCID(アデノシンデアミナーゼ欠損重症複合免疫不全症)という病気に、遺伝子治療を施したら、その少年は元気なった!という話です。
この病気を治すことができる遺伝子を、とある無害のウィルスを使って少年の体の中に持ち込んだということです。

なんのことやら分かりませんが、クローン猫を売るよりずーーーーとまし。
posted by ニャー皇太子 at 09:50| デンバー ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-理数系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイズ:感染者と患者、最多の13人−−札幌市対策推進協

エイズ:感染者と患者、最多の13人−−札幌市対策推進協
 札幌市エイズ対策推進協議会が8日同市中央区の市保健所で開かれ、今年度新たに市に届け出があったエイズ患者、HIV感染者は計13人と過去最多だったことが明らかになった。

 患者7人、感染者6人で、全員が男性だった。感染経路別では、同性間の性的接触が8人と最多で、異性間が4人、その他・不明が1人。累計の患者、感染者数は67人で、増加傾向に歯止めはかかっていない。

 市は「若年層、同性愛者などへの啓発に積極的に取り組みたい」としている。03年度に報告された患者、感染者計9人もすべて男性だったため、出席した医療関係者は「女性感染者の掘り起こしを進めるべきだ」と指摘した。
【大谷津統一】

(毎日新聞2005年3月9日北海道版から)



人間ってアホだなぁって思うところがあります。
「薬害エイズ問題」は、大騒ぎになりましたね。厚生労働省も、科学者も、われわれ国民のことをなんだと思っていやがんだ!こんちくしょう!
裁判も長く行われましたね。

で、結果がこれなんですよ。

「エイズは怖いから罹りたくない。それにはどうするか?」っていう問題の本質が、すっかり抜け落ちてるんじゃないかなぁと。政府と御用学者を叩いて、なんだか終わったような気分になってるんじゃない?!

アホだなぁ。

posted by ニャー皇太子 at 09:10| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会会議録

あなたの知っている先生は、国会でちゃんと働いているのか?
どんなことが話されてるだ?
あんなことした議員は、国会では、どんなこと言ってやがんだ?

国会の会議録って、じつは、ちょっとした暇つぶしになります。
国会 会議録検索システム

うちの犬は、介助犬モドキとか、なんちゃってレスキュードッグと揶揄されますが、じゃーホンモンの補助犬はどんなんだろう?
そんなとりとめもない事を検索するといいです。GOOGLEもパワーありますが、こっちもはまるとなかなか。

しゃべった通りに記録されてるので、ちょっと読みづらいけど、はまると面白い。不思議と。

補助犬の検索結果↓

testtest.jpg

posted by ニャー皇太子 at 08:30| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

自由と平等と、寿命。

ニューヨークでは、低所得層は高所得層よりも5年も、寿命が短いのだそうだ。
http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20050309#p5

自由な競争は経済を発展させるのに必要なシステムだ。
人間はだれでも自由である。責任を果たせば自由である。
でも、結果。
競争にやぶれた(?)低所得層の人間は、自由を謳歌できる時間が短い。5年も。

まぁ、これはかなりうがった見方だけども・・・

ブッシュが当選して以来、アメリカの保護主義と自由主義-特に貿易に関する自由貿易主義は、複雑にかつ、綺麗にアメリカを分断してきた。そして最近は、自由主義を支えてきたブッシュ得意の「健全な科学」や「ケインズ派」は、反ブッシュ感情に立脚する保護主義の強まりをついに、押さえきれなくなってきているのが散見される。
ホワイトハウス、議会、司法という3権。それぞれが保護主義vs自由主義という対立によって、2つずつに割れ始めている。
挙句に、民主党、共和党。その中でも、この2つの考えによって新しい分割がはじまっている。もう、複雑。

アメリカは、9・11で物理的に攻撃され、その見返りに物理的にイラクを占領することで強さを誇示した。
しかし肝心のアメリカ国内では、アメリカを形成する契約の概念(その代表が憲法)が複雑に2つに分断されはじめているようで恐ろしい。
だって、この危機を簡単に救うにはナショナリズムを煽ればいいから。しかも武力があるとナショナリズムは一番てっとり早く高揚させることが出来るから。

って、訳分からない深読みしすぎだぁ。

とにかくだ。金ないやつは、早く死ぬ運命なのです、アメリカでは。日本はどうなんだろう?

posted by ニャー at 13:51| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 人間-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破壊しない犬

うちの犬はうちに来て2年半たつが、その間の破壊したもの(おもちゃは除外)はと、ふと考えてみた。

わたしのラップトップのコンセント・ケーブル1本。

う〜ん。あとは思い浮かばないなぁ。
ラブの血を受け継いでいるはずなのに、そういう意味では大人しい子犬時代だったし、いまでも全然いたづらをしない。
猫にバカにされるが、かといって頭にきて猫に噛み付いてぶっ殺そうということもない。いじめられたら、いじめられっぱなしでどよーんと落ち込むだけだ。

じつは、今も自分のベッドで、いまにも自殺せんばかりに落ち込んでいる。

やってしまったのだ。

うちの玄関には、鉄で出来たオブジェを置く棚が置いてある。いや、あった。そしてそこには、妻が友人からもらったサボテンをアレンジした鉢植え、豚のウェルカムボード、キャンドルスタント、水の代わりにビー玉をいれた金魚鉢がおいてある。いやあった。

夕食を終わらせたあと、犬と「捕って来い」で遊ぼうということになり、支度をしているときだった。

外に行ける!というオーラを察知した犬は、ハッスルハッスルでせまい玄関部分で、わたしの周りをグルグル回り始めた。息遣いなんか、「おっさん、年甲斐もなく、そんな本みて興奮すんなよぉ」って感じのオヤジの息遣いモード。

そして、靴を履いて、さぁ、リード装着!と思ったときにそれは起きてしまった。
回転の勢いがあまって、犬はその鉄のオブジェに体当たりしてしまった。

走馬灯のように、その棚は妻の大事なオブジェをともなって豪快に倒れこんだ。

がっしゃーーーン!

金魚鉢は粉々で砕け散り、サボテン鉢も。サボテン鉢に入っていた砂は、一瞬にして砂場を作った。砕け散った金魚鉢は、キラキラを破片を輝かしていた。

「あ〜〜〜!!!!!」

犬は一瞬で半分生気を失い、妻は半分理性を失った。


ということでいま、犬は最愛の人間にこっぴどく怒られ、地獄の底で丸くなっている。怒られた理由は理解していないだろうが、とにかく怒られたので、気持ち悪さに悩んでいる。


posted by ニャー皇太子 at 12:17| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

ゴキブリ

ゴキブリがアレルゲンになっていたという研究があるそうです。
Journal of Allergy and Clinical Immunologyの3月号に発表された研究では、都市部の子どもの喘息の悪化因子としては、ダニやペットのアレルゲンよりゴキブリアレルゲンが最も大きな因子であった。5才から10才の中程度から重症の喘息患者937人の皮膚感受性試験を行った。この研究はより大規模な都市部喘息研究の一部である。

食品安全情報ブログ
より。

南部の都市に住んでいた時、小鳥用の餌をベランダにつるしていました。
毎朝、チュんチュんっていう小鳥のさえずりと共に目覚めようと、ロマンチな作戦だった。

が、しかーし。

あつまったのは、黒光りするゴキブーリ、3匹。
悪寒を感じながら家にあった殺虫剤を取り出して来て一網打尽にしてやった。こういうとき、この国の殺虫剤の容赦のない効き目は頼もしい。肥満体の国民を想定して薬の強さを決めてるだろうから、東洋人の体には相当悪いだろうなぁ。

ともかく!

小鳥作戦を台無しにしたどころか、ついには、アレルゲンとして確認されるとなると、ほんっとに訳に立たん昆虫じゃな!
posted by ニャー皇太子 at 12:58| デンバー ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CTU その7

び、び、びーばーでっしぃ!

誰よりも早く、落第したでっしぃ!ムフン!

そ、それでね、びーばーのお友達もCTUに入ったでしから、びーばーが教えてあげるしよ。

Bauzar.jpg

ば、ば、ばうざーっていう名前でしよ。
ば、ば、ばうざーとは、仲がいいでしから、いつも相撲をとるっしよ。
ガップリよつ!って。そ、そ、そうするとでしね、綺麗にからまっちゃって、お、お、お互い、身動き取れなくなっちゃうんでしよ。クスクスクス。

そ、それから、いっしょに草を食べまっし。ばうざーは、びーばーの陣地にすぐに入ってくるでしから、いっつもあたまがゴチンするっしよねぇ。

あとはぁ、えーとぉ、鬼ごっこするっしよ。ば、ば、ばうざーは足が速いでしから、びーばーはいつも鬼なんでしから、くやしいでし。くやしいから、ずーっと追いかけたから、知らない場所にいっちゃうっし。
で、でもね、遠くでご主人さんが大声で怒鳴るでしから、どこに帰えったらいいか分かるっしね。

たまぁにしか会えないでしから、こんどはいつ会えるでしかね・・・
posted by びーばー at 11:02| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CTU その6

ラララー ラン ラン ラン

ニャーでぇ〜す。

今日はもう、余裕のよっちゃん。
なぜかって? 

フフフフ、ウフフフフ、ウァハハハハハハ!

いよいよリーサル・ウェポンの登場よ。
な、な、な、なんと!オーストラリア生まれでハワイ経由の、アメリカ本場仕込みの荒くれ犬、キラーさんだぁ!どうよ!

KeelahID.jpg

聞いてびっくりして腰抜かすんじゃないわよ。

まず、キラーさん。某国の特殊部隊で訓練を受けたっていう逸話をもってるわ。その訓練たるや、はんぱ者じゃ生き延びられないわよ。
たとえば、マイナス20度の雪中でも屋外で偵察。しかも貫徹。
視界に入るあらゆる生物をキャッチするレーダー機能。発見した敵は先制攻撃で威嚇、そして殲滅。そのときの跳躍力といえば、高さ1.5メートルの有刺鉄線を軽々と舞うようにしなやかに飛び越えていくらしいわ。

どうじゃ。ニャーも思わず、「さん」付けで呼んでしまう、キラーさんよ。

あーこれで世界は平和よねぇ。
ラララー ラン ラン ラン・・・
posted by ニャー at 10:46| デンバー ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

CTU その5

猫バスが日本の田んぼを疾走していたのは、何年前だっけ?

その(株)猫バスの創立者であり、CTUの名誉学生である、化け猫トトロさんよ。

Totoro.jpg

雷が落ちようが、犬っころが吼えようが、まったく意に介さない懐のでかさ。
すべてを見下す、鼻持ちならない洞察力。
それでいてそこはかとなく漂う、ご愛嬌。

頭がたか〜い!ひかえおろう!


フッフッフッフ。これで、もう、グーの根もでないわね。もう、ヘレ肉なんて呼べないね。
分かればいーのよ、わかれば。
キャーッハッハッハッハ!!!

CTUに入学したい老若男女の生物は、ふるって応募させてあげるわ。クククク。

posted by ニャー at 11:58| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CTU その4

ワナワナワナ・・・お、落ち着くのよ、じぶん。

まだ、ニャーのことをヒレ肉って勘違いしてるのがいる。しまいには、ヘレ肉っって活用形まで編み出してるらしいじゃない。ワナワナワナ・・・

スーーーーーッハァァァァ。深呼吸。深呼吸。

いいこと、ドッグランなんて、ニャーの下僕どもが訳も分からずストレス発散するところよ。ストレスだけなら、まだしも、上から下から発散しまくりじゃない。
そんでもって、生まれたてホヤホヤを踏んづけて臭い目にあうってことを忘れてるのね。まぁ、人間も犬っころもそんな程度なのよ。ふんっ。

さぁ今日の生徒さんも、見た目はコロコロ白くてドラミちゃん系よ。あ、でも犬っころだから。
それから、この犬っころの属する群れはすごいわよ。
なんつったって、日本の富士山って山をしめてんのよ!なめんじゃないわよ!

AliceID.jpg

posted by ニャー at 11:17| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

マッサージ屋の技

ようやく春一番が吹いて、春の匂いと生暖かさやってきたぁ。
なんだかやけに腹も空く。
しかし、そんな感傷にひたっているのもつかの間。妻と犬が騒ぎだすのでドッグランへGO!

わたしは、ドッグランにやってくると、やるまい!と心に誓っていることがある。

マッサージである。

自慢ではないが、動物殺しのマッサージを得とくしている。国家試験があるわけでも、免許があるわけでもないが、とにかく得とくしているのである。
ちなみに、動物の範疇には人間も入る。だから、それに薄々気がついている妻は、その特権をフルに使っている。アダルチックな話ではなくて、足裏から始まる下半身のリンパマッサージのことだ。けっこう、疲れるんだよなぁ。

さて、犬だ。

うちの犬は、マザー牧場で羊に混ざったら違いが分かるまい、というくらいに、せっせ、せっせと草を食べる。それが、彼女にとってのドッグランの楽しいすごし方なので、しょうがない。放っておく。

わたしはというと、他の犬のバカさ加減を観察して楽しんでいる。それだけで済んでいるうちはいいのだが、そのうちやっぱり触りたくなってくる。
ダウンタウンの小高い丘の上にあるドッグランなので、薄汚れた犬はいないし、純血のシャイニングな犬が一杯だからだ。

ここで、誘惑に負けてしゃがみこもうものなら大変。人懐っこい犬ばかりなので、犬の目線まで視線を落とした人間がいると、とりあえず識別するために臭いを嗅ぎにやってくるのである。

犬がやってきたらしょうがないから、手を差し出して臭いをかがせてやる。
そのまま、その手で耳の下裏あたりをゴシゴシやってやる。
機嫌のいい犬はこれだけで、顔をあげて猫のようになる。

もっと手を伸ばして肩甲骨をゴシゴシやってやる。そうすると、まずほとんどの犬は身もだえはじめてしまう。そして、もっともっととばかり、クルッと方向をかえて、わたしに背中をむけてグイグイ体を押し付けてくるのである。


あーーー。また、やってしまった。
目の前には、しろラブ。
マッサージ始めて5秒とたってないけど、すでに腹を出して横たわっている。

こんど金とったろかぁ?

posted by ニャー皇太子 at 13:37| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。