2005年01月31日

Corn

Super Size Meを送り出した会社が提供する「Corn」だ!

いやー、すごいです。

まず不倫の子供からはじまり、種子会社の極秘のGMOのテスト栽培に続き、そのGMOによる環境汚染によって新種の雑草が生まれ、それを食べたヒツジに異変が、、、ヒツジが超狂暴になる。
ところが、羊毛の収穫量がふえ農家は大喜び。でも、どうやらそのヒツジのお肉をたべた妊婦はのきなみ流産をする。
そして、それに気が付いた種子会社は一晩で実験農場を更地にかえ、流産した妊婦は金?で和解させる。
この危険をひとりで訴え続けた女の子は、スーパーなどから訴えられ敗訴する。しまいには、親とおもっていたのは実の父親ではないと分かり、もうボロボロ。
そして最期は、キャリーの世界。赤いペンキを混ぜた石油をヒツジの畜舎ぶちまけ、放火。
そして彼女は深い夜の道を、車をすっ飛ばして行く。

「みんなは信じないけど、私は知っている。私が見た事は全部ほんとうってことを。」
「わたしの体が訴えることに忠実になることが大事よ。だって、わたしの体はわたしが一番しってるんだもん。」
臨月を迎えた彼女はひたすら疾走するのである、、、


感想は一言。

「あ、そう(オレンジデイズの柴崎コウ風)」である。

それにしても、放火されたヒツジが悲惨だ。あれではラムの丸焼き、、、「あー!サッポロビール園に行きてー!」

posted by ニャー皇太子 at 00:52| デンバー 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

化け猫

どうも人間のなかには、ニャー一族を小ばかにするヤカラがいるわ。

せーぜーそうやって今のうちに楽しんでおきないさい。

ニャーは、このままいくと化け猫に昇進よ。

毎朝、毎昼、毎夕、寝ているのはそのせい。そうやって体力を温存してるわけ。

化け猫になると大変なのよ、体力使うから。

なぜかって?

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 09:35| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

i,Robot

ウィル・スミス、すげーカラダしてる。テレビのコメディドラマに出ていたときなかんか、言葉は悪いがゴボウのようだったのに、この映画では、ボンズ並み。

ほんでもってこの映画はどうだったかというと、「ばかの壁」を映画にすると案外こうなるかも、という感じ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 09:28| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

Open Water

前回のビレッジでは、奈落の底まで滑りおちた気分でDVDを返したので、今回は満を持してのOpen Waterだ!

今回は、妻の親友のの絶大なる推薦もある作品なので、もうアリ地獄のような気分を味わうことはないはずだ。

ちなみに、DVD鑑賞のときには、妻は決まってユーセリンというクリームを携えてくる。
「ねーねー、足の裏にぬって、塗って。」

本当にクリームを塗ってという意味ではない。
かといって、夫婦の間のブロックサインとかいうものでもない。

「足の裏のツボを、揉みほぐしなさい!」という命令である。

マッサージ屋たる由縁である。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:59| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見えるモノ

ニャーは、一身上の都合で、左目が弱いのよ。

それでも、いろいろ見えるわけ。

マッサージ屋なんて骨格的に目が小さいから、論外。毛も少ないし、なにから何まで控えめなオス人間ねぇ。
飯炊き子は、逆にでかすぎ。だって、普通のコンタクトレンズがフィットしないんだって。
普通じゃないことを、異常っていうのよ。クシシシシ。

で、なんの話だっけ?

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 06:35| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

「死者は生き返る」

「死者は生き返る」が15%

これには驚きました。

わたしが死人を見たのは中2(だったかな?)、祖父が初めてだった。いつもしゃべらない無口なおじいちゃんだったので、普通に学校にいってクラブ活動やって、一時間目の授業を待つ間に担任に呼ばれすぐに帰れと言われた時は、さっぱり意味がわからなかった。
家についた時の印象もまったく覚えていないが、兄が号泣しているのを見た。年が離れていたせいであまり言葉を交わさなかったから、感情をむき出しにする兄にとまどった。
自分はというと、


続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:57| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Village

シックスセンス、サインの監督が贈る、最新(今となっては新しくはないが)のサイコホラー映画だ!

シックスセンスは、オスメント君の演技が効いていて面白かった。

サインは、ちょっとB級をかすめてたけど、まぁ、一休みってところだろうと。

そんなんで、とても期待をしてDVDを借りてきた!

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:10| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おトイレは文化のかほり。

ニャーはすっごい。

ニャーくらいになると朝は必ず新聞をみながらウンチをするわけよ。
だからトイレは文化なのよ。

でもね、うちで放牧してる人間は、どうもそれが分かってない。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:01| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

社会不安と供依存する世代。

なにをムキになっているのか、自分でもよくわかりません。

ともかく、職を転々とする若者の多くが「自分に合ってないと思って」を理由にするそうな。
ふと思ったんですが、「自分に合ってない職を転々とする」ことは「自分探し」とまったく同じじゃないかなぁと。
周りの環境と自分を対比させることでしか、自分を見出せないのではないかと。みんなが学生服を着ている時に白いセーターなど着ていたら、きっと彼は自分に合ってないと思って、違う世界を探しに行くのでしょうね。今でも自分探しでイラクまで行った彼のことはとても悔やまれる。

ニートのことを考えた時、かれらが子供から成人になる間、社会ではなにが言われてたかをもう一度考えてみる。リストラだの、終身雇用の崩壊だの、個人の努力や忍耐などお構いなしのニュースがオンパレードでした。

ずっと彼らと、そのちょっと上の世代は、社会不安の中に居続けざるをえなかったわけです。


続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:12| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

Twixters

ニートの発生は、オヤジのせいだから、まずは金融をもっともっと緩和したり、マスコミの質をあげたり、、、なんて愚痴をこぼしたのはつい先日。

marinesさんからは、ニートとはまた違う傾向の若者の話を頂だいした。→会社を辞める若者たち
世代間に信頼関係がないとの話。ごもっともです。世代間だけでなく、いろいろなところで信頼がゆらいでいる昨今のような気がします。
その反動で余計なコストをかけた認証システムなんてのが大流行。
ただ、それって実は信頼の蒸発をシステムで補完するというより、自己が強くなりすぎて自分が分からんことは他人任せにする一種の無責任の現われのような気がするこの頃。ですが、それは今はほうっときましょう。

で、毎度まいどのタイムに面白い記事がありました。わたしから見ると同じ現象に思えるのです。
Grow Up? Not So Fast

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:20| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

サリドマイド

すっかり悪名が広まっている薬が復活するかもしれない。
<サリドマイド>「希少疾病用医薬品」に指定 厚労省審議会

まずはどんな目的の制度なのか、厚生労働省のサイトからひっぱってみた。
希少疾病用医薬品・希少疾病用医療用具の研究開発促進制度
どんな薬が実際のところ許可になっているのか、リンクが用意してあるのだが繋がっていなかった。

なるほど、「希少」が相手なわけだ。
患者が少ないと、研究なんて進まない。だって、薬を創ってもリターンが期待できないから、積極的に開発に進まない。
かといってそれでは、本人やご家族の心労と、それを受けて立たねばならない医者の葛藤は大変なもんだ。
だから、例えば海外などで、救済の方法として実行されているモノがあるのなら積極的にとり入れてもいいじゃないか?わたしには、この発想は至極自然に思える。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 13:40| デンバー ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハード・シェル・タコ

昨日の晩から「ねー、ねー、メキシカン食べたくなぁい?」と妻が言いはじめた。

言うまでもないが、”メキシコ料理のお店に連れて行け!”という命令である。

だから、今日の夕飯はメキシコ料理屋さんにお出かけだ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:14| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

人じゃらし。

はぁ〜。
どうしてこうも人間は、単純かねぇ〜。

さっきも、飯炊き子がベッドに入り込んだ時にさぁ、

あれ?もう寝るの?
ってベッドに滑り込む様を観ていたのよ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 14:11| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哺乳類と恐竜

140万年前、恐竜がブイブイいわせていた頃、毛むくじゃらの哺乳類はリス位の大きさしかなかった。

と、先週まで思われていたそうです。で、中国からすごい化石が発見されたらしいです。

2つあって、一つ目は大きい哺乳類。
といっても、中型犬くらいの大きさらしい。
それにしてもリスくらいの大きさしかなかったといえば、大した出世だ。

2つ目は、その大型哺乳類の親戚にあたるくらいの近いモノらしいが、なんと、恐竜の赤ん坊をほとんど丸呑みした状態の化石が出てきたという。

哺乳類は食われる立場だとおもっていたが、どっこい、哺乳類でもイケイケドンドン腹減ったら恐竜でも食っちまうかぁ、という斬り込み隊のようなヤツがいたらしい。

しかも、丸呑み状態なので、胃袋のなかでその恐竜の赤ちゃんは、ほとんど原形を保ったまま化石になっている。二重三重に恐れをしらない大したご先祖様がいたもんだ。

以上、タイム紙ネタでした。
posted by ニャー皇太子 at 13:35| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

24 シリーズ3完

ネタバレ注意!(観てない人は読んじゃだめ)

このドラマには、平家物語に通じるものがあるんだなぁ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 12:22| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お前の生活能力は一般の3級だ!

いやーびっくりしましたよ。

消費生活能力検定試験」なるものがあるそうです。

一般と基本の2つのコースがあって、それぞれに1級から5級まで区別があるらしい。ご丁寧なことに、中学生だった何級、高校生だったら何級、なんていうさり気なく基準まで示してあるんだけど、、、

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:49| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ことわざ考

どうも、ドクター・ニャーです。

今日は、人間の掟、ことわざの研究です。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 11:21| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

24

ブリトニーは足が臭い。臭すぎて、同じ飛行機に載っていた他の客からクレームがついた。

だから、ブリトニーは却下だ。もちろん、わたし自身のことは棚に高くあげていることは言うまでもない。

そこで、後がまをどうするかが課題であったが、24のニーナあたりはどうだろう。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 10:23| デンバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうのニャーはゼッコーチョー

朝から晩まで走りっぱなしよぉ!

あ、ちなみにね、

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 10:12| デンバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の主張! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

ニート

ニートな若者が増えて、社会問題化しつつある(か、すでに問題となっている)そうだ。
で、ニートとはどんなものか、いろいろ分析されている。

しかし、分析される方はたまったもんじゃないだろうなぁ。

続きを読む
posted by ニャー皇太子 at 10:55| デンバー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人間-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。